体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

池澤あやか直撃!─社会人1年生が、エイベックスの音楽配信プラットフォームを作っちゃった!?

アマチュアアーティストやクリエイター向けの音楽配信プラットフォーム

池澤:まずは、スマートソーシャルさんの事業内容について教えてください。

小田倉:現在はWebシステムやスマホアプリの受託開発を中心とするソリューション事業、ヒューマンリソース事業、マーケティング事業──この三本柱で事業を展開しています。

ソリューション事業では顧客企業からいただいた案件について、プロジェクトマネジメントから実際のコーディングまでを行います。都内のソフトウェアハウスとのネットワークが1000社以上あるので、それらと協業で開発することも多いですね。

スマートソーシャル株式会社 取締役CTO 小田倉 竜也氏
1976年生まれ。東京電機大学工学部卒業。2000年、大手メーカー系SIerに入社。2003年、サイバード入社。トップエンジニアとして8年間勤務。2011年3月、スマートソーシャルの設立に参画。取締役CTO職を務める。共著に『イラストでよくわかるJavaScript Ajax・jQuery・HTML5/CSS3のキホン』(インプレスジャパン)がある。

池澤:スマートソーシャルさんは音楽産業の雄、エイベックス・グループからの受託で「BIG UP!」というサイトを構築されたんですよね。

しかも、その中心に昨年(2016年)4月に入社したばかりのエンジニアがいた、というお話を聞いて驚いたんですが……。まず「BIG UP!」というのはどんなサイトなんでしょうか。

小田倉:一言でいえばアマチュアアーティストやクリエイター向けの音楽配信プラットフォームですね。サイト上でアーティストやクリエイターの情報を公開するとともに、世界112カ国のさまざまな音楽配信サイト向けに自分の楽曲などを販売することができます。

販売状況を確認できるレポート機能のほか、アーティストページの制作、CDやグッズ受託製造やeコマース、音楽出版社への登録などのサポートも受けることができるんです。

池澤:最近はSNSでの演奏が有名になってメジャーデビューを果たすミュージシャンがいますが、まだ無名だけれど実力のあるアーティストの活動を支援しようというわけですね。

iTunesやAmazon Music、YouTubeでの配信なども代行してくれるんですか?

小田倉:そうです。現在、リストアップされている配信先は30以上に及びます。アーティストからは配信代行利用料をいただく有料サービスですが、昨年10月のリリース以来、すでに10万人の登録があります。

単に配信を代行するだけでなく、どうやったら自分の作品を収益化できるかといったサポートもするといった特長があります。

できるアルバイトを社員に迎え、いきなり実戦投入

池澤:そのサイトを一人で作ったのが、片桐さん?

片桐:いえいえ、一人ってわけじゃないです。小田倉さんがヘッドにいて、僕の直属の上司がいて、それから外部のベンダーのエンジニアもいて、総勢10人規模のプロジェクトでした。

スマートソーシャル株式会社 ソリューション事業部システムエンジニア 片桐 寛貴氏
1995年生まれ。日本工学院専門学校情報処理科に在学中からスマートソーシャルでアルバイト。卒業後の2016年4月にスマートソーシャルに正社員として入社。

小田倉:でも、結果的にコードの8割ぐらいは、片桐君が書いたんじゃないの? 私はコードそのものにはほとんど関わっていないから。

池澤:それは、すごーい!プロジェクトはいつからスタートしたんですか。

片桐:昨年の4月に着手して、10月にはリリースしました。

池澤:速いですね。言語は何ですか。

片桐:フロントエンドはRuby on Rails、管理ツールなどのバックエンド系はPHPで書いています。僕は主にRailsを使いました。

といってもまっさらな状態から始めたわけではなくて、プロジェクトに関わる前に、大方の形はできていたし、最初の環境構築も終わっていたんで、僕はひたすらコードを読んで、それを完成させるという仕事。

池澤:でも、プログラミングは初心者だって伺っていたんですが……。

片桐:パソコンは好きでしたが、本格的なプログラミングは専門学校に入ってからです。でも、学校の授業は情報処理など資格試験の準備が大半で、あまり面白くなかった(笑)。

C言語は必須なので勉強していましたが、PHPとかRubyなどのLL言語はスマートソーシャルに来てから覚えました。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。