体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

数学ガールの結城浩先生に会ってきたよ!──わかばちゃんが行くオフィス訪問マンガ

今回のゲストはおばけ坊やのアイコンでお馴染み!結城浩先生だよ


今回は、結城浩(ゆうき ひろし)先生にインタビューしに行くよ!


「数学ガール」シリーズ・「Java言語で学ぶデザインパターン入門」・「数学文章作法」など多数の著書があります。


結城先生はカフェで執筆することが多いみたい。
だから、今回はカフェで待ち合わせなんだ。
大御所の先生だから緊張するなぁ~。


あっ、結城先生が来たみたいだよ!

結城先生が思う、分野を超えて考えることの大切さ




なるほど~!
たしかに、そのほうが発想の幅が広がりそうですね。

知的な鍋をつつこう、そこにおもしろみがある


「数学ガール」シリーズを読んでいて、個人的にいいなぁと思うのは、「テトラちゃんやユーリちゃんが間違ったことを言っても、”僕”は肯定的にとらえてくれる」ところなんですよね。

「何を言っても肯定してくれる」ではなくて、「何を言っても肯定的にとらえてくれる」っていう。


これは意識して書かれているのですか?


そうですね。主人公の”僕”はいつも肯定的にとらえています。
自分の考えを押しつけるんじゃなく、「一緒になって知的な鍋をつついているような状況」が好きなのかもしれません。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。