体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この春OPENした「岡崎 カクキュー 八丁村」のメニューが斬新すぎる【八丁味噌のポテンシャル】

f:id:Meshi2_IB:20170415095220j:plain

名古屋めしには欠かせない八丁味噌。

大豆と塩、水だけで仕込む豆味噌(赤味噌)の一種だが、八丁味噌を名乗ることができるのは、岡崎市八帖町の旧東海道を挟んで向かい合う1560年創業の「カクキュー八丁味噌」と1337年創業の「まるや八丁味噌」の2社のみ。

いずれも創業当時から変わらない伝統製法にこだわり、予約不要の上、無料で工場見学もできるとあって、平日でも多くの観光客で賑わっている。

「岡崎 カクキュー 八丁村」とは

そんななか、今年3月19日に「カクキュー八丁味噌」の敷地内に八丁味噌を使った料理が楽しめるフードコート「岡崎 カクキュー 八丁村」がオープンした。

f:id:Meshi2_IB:20170415094330j:plain

八丁村といえば、岡崎市八帖町の旧名で、岡崎城から西へ八丁(約870メートル)の距離にあったことから名付けられた。

f:id:Meshi2_IB:20170415094342j:plain

「これまで飲食スペースは施設内にしかなかったのですが、より気軽に立ち寄っていただけます。料理は味噌煮込みや味噌かつ、味噌おでんなど従来のものではなく、当社直営店のほか、岡崎市内でも人気の飲食店2店の計3店が八丁味噌を使った今までにないメニューを提案させていただきます」(「カクキュー八丁味噌」企画室)

f:id:Meshi2_IB:20170415094441j:plain

席数は全74席。八丁味噌を仕込む味噌樽を眺めることができる席も用意。ちなみに味噌樽のなかには江戸時代から修繕しながら使っているものもあるという。

絶妙! 八丁味噌×カフェメシ

では、さっそく「岡崎 カクキュー 八丁村」内のお店を紹介しよう。

まずは、「カクキュー八丁味噌」の直営カフェ「Q to CAFE」。

f:id:Meshi2_IB:20170415094511j:plain

コーヒーや紅茶などのドリンクやパンケーキなどの軽食が楽しめる。

f:id:Meshi2_IB:20170415094607j:plain

こちらは、ピザソースの代わりに八丁味噌ベースのソースを使った「みそピザトースト」(580円)。コクのある八丁味噌はチーズやトマトとの相性は抜群。頬張るごとに八丁味噌の香りが鼻から抜ける。

いやぁ、八丁味噌はまさに万能調味料であることを実感した!

f:id:Meshi2_IB:20170415094639j:plain

「食文化の多様化で今、味噌離れがすすんでいるといわれています。とくに若い世代の方が顕著で、何とかそれを食い止めたいという思いでメニューを考えました。とくにオススメなのがコレです」と、店長の長尾加代子さん。

f:id:Meshi2_IB:20170415094706j:plain

長尾さんが出してくださったのは、「みそスープスムージー」(480円)と「つけパン」(120円)。

みそスープ、すなわち味噌汁だが、ジャガイモや玉ネギ、大豆、トマトのペーストのほか、さらに日替わりで地元の契約農家から直送される野菜が入る(この日はアスパラやブロッコリー、ニンジンなど)。

f:id:Meshi2_IB:20170415094724j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。