体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関西の家系は○○が違う!? 行列のできるラーメン店「初代 麺家 あくた川」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170411104027j:plain

家系っておうち系ちゃうで。みなさまこんにちは。京都のラーメン担当・メシ通レポーターのナガオヨウコです。

ここ数年で、関西にもちらほら家系ラーメンが登場してきています。しかしまだ、家系は一般的ではありません。「家系って何? おかんが作るラーメンのこと?」って思う人も多いようです。

家系ラーメンにははっきりした定義がないようなのですが、そもそもは横浜が発祥。こちら「初代 麺家 あくた川」は、店主の芥川さんが東京・家系ラーメンの名店「武蔵家 中野本店」出身。

「京都にも、おいしい家系ラーメンを伝えたい!」とオープンさせたお店なのです。

f:id:mesitsu_la:20170411104023j:plain

「初代 麺家 あくた川」は2016年2月にオープン。場所は、同志社大学・今出川キャンパスの西向かい。烏丸通り沿い、今出川通りと上立売通りの間の西側です。

いつも行列ができているので、気になっていたという方も多いのではないでしょうか。

オープンからわずか半年後の2016年11月には、立命館大学東門すぐの場所に、2号店「2代目 麺家 あくた川」ができています。こちらも行列店。

f:id:mesitsu_la:20170411104036j:plain

厨房がほんまに目の前、のカウンター席。明るくて入りやすいお店です。

f:id:mesitsu_la:20170411104025j:plain

店長の柴田達哉さん(26歳・独身)。

「ウチは家系ラーメンですが、お客さんのほとんどは家系って意識せずに食べていると思いますよ。関西では家系ってまだまだ一般的ではありませんからね。

お客さんの7割は、同志社や京大といった近隣の大学生。一人暮らしをしている子も多いから、顔を覚えているお客さんには『おかえり!』って声を掛けてます。弟や妹がおうちに帰ってきてくれたように感じるんですよね。ねっ、家系っぽいでしょ?」

ってそれ、家系って言っちゃっていいんですか!?

f:id:mesitsu_la:20170411104022j:plain

「家系の特徴は、豚骨を中心に鶏ガラを合わせたスープ。スープはどんどん進化していて、最近、昆布を合わせるようになりました。昆布を入れると、トッピングののりとむっちゃ相性が良くなるんですよ。かえしには、チャーシューの煮汁を合わせた醤油を使っています。

関東の家系との違いは、醤油の軽さ。関東は醤油の味が強いので、関西人にとってはしょっぱいと感じるようです。ですからウチのスープは、コクもうま味も濃いけれど、後口がさらっとしているんですよ」

f:id:mesitsu_la:20170411104027j:plain

▲らーめん・並(650円)

ラーメンはこちらの家系・豚骨醤油1本勝負。なお、中盛りは+100円、大盛は+200円。

1杯 650円って、京都のこだわりラーメン界で最安値だと思います(ナガオ調べ)。並の同価格で、麺半分+味玉に変更もできますよ。

チャーシュー・ほうれん草・のりのトッピングは、家系の特徴のひとつでもあります。

f:id:mesitsu_la:20170411104028j:plain

まずはスープをいただいてみます。うん、豚骨が強めで濃厚。鶏皮で作られた鶏油(チーゆ)のコクがすんなりなじんでいます。でも、醤油タレが軽いのでするーりするーり、ごくごくと飲める。

優しい味が口いっぱい、体いっぱいに染み渡ります。うまい、うまい、うまい。

f:id:mesitsu_la:20170411104029j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。