ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】石塚英彦さんと一緒に伏見の銘酒を堪能!【澤屋まつもと】

石塚さん:もちろん、映像で日本酒を伝える場合、色が透明だったりして伝えづらい部分があるので、どう表現するか悩む部分はありますよ。でも、本当においしいものだからこそ、単純にその魅力を伝えたい。無意識のうちにそういう思いが行動に出てるのかもしれないですねえ。

──それはもう飲食に対する「愛」ですね。

石塚さん:味の表現にも「芳醇(ほうじゅん)」「すっきり」「酸味がある」とか、いろいろありますけど、まだまだ日本酒に対する言葉というのが限られている。そうなった時に、僕は顔で表現すればいいと思ってて。飲んだ時の顔で、視聴者の皆さんに雰囲気や味を感じていただければと。まあ、自分が飲み食い好きっていうのが根底にあるんですけどね。

f:id:uralatokyo:20170417130857j:plain

▲お酒へのリスペクトが伝わる丁寧な「ごちそうさま」。石塚さん、いえ、石ちゃん様、くだらない疑いをかけてホントすみませんでした

石ちゃんが語る大きな大きな日本酒愛

f:id:uralatokyo:20170417130928j:plain

▲「酒と食のマリアージュを楽しむ」お店は、京都は北白川の名店「草喰なかひがし」

京都で食レポ系の仕事やガイドブックの制作なんかをしていると絶対に出てくる、「あそこは取材させてくれへんで」という、メディアには出ない隠れた名店。「草喰なかひがし」も普段は取材拒否のお店です。

でも「石ちゃんは食いっぷりがいいから」とOKが出たんですって。取材拒否のお店を口説き落とした魅力は、単なる食いっぷりだけではなくて、食べ物・飲み物への真心が、食べる様子にも表れているんだろうな。

f:id:uralatokyo:20170417131228j:plain

▲緊張感ただよう調理の現場。ただ亭主の中東さんはオチャメなダジャレおじさん。四方八方から繰り出されるダジャレに石塚さんがタジタジになる場面も

──そもそも普段はどれくらい日本酒を飲むんですか?

石塚さん:普段から乾杯は日本酒です。

──日本酒を飲むようになったきっかけや出合い、思い出はありますか?

石塚さん:最初は日本酒って嫌いだったんです。昔、町内会のお祭りで、お年寄りからコップに冷酒をドボドボとお水のようなペースで注がれまして。それが甘くてベタベタしていて、ほんとにお酒のディープな部分の味がする日本酒だったんです。最初の出合いが良くなくて、はじめて飲んで、はじめて嫌いになったんですよ。

──マイナスからのスタートだったんだ。

f:id:uralatokyo:20170417131358j:plain

石塚さん:そのあとこの世界で仕事をはじめて、ロケで新潟県の「景虎」を飲む機会があったんです。すごくスキッとしていて、辛口で、次の日も残らないし。「これが日本酒か!」と思ったんですね。そこから日本酒自体が好きになりまして、いろんな蔵や旅先、お店で自分に合うお酒を見つけるのがだんだん楽しくなってきて。

──自分に合う日本酒を見つけられたときって本当にうれしいですよね。

石塚さん:僕は雰囲気で飲むのが嫌いなんですよ、徹底的に飲んじゃうんです。一升瓶くらい。

── 一升瓶はヤバいですね……。

f:id:uralatokyo:20170417131424j:plain

▲本当においしそうに食べる石塚さん。見ているだけでお腹が減ってくるよ……

石塚さん:いいお酒は残らないんですよ。むしろ飲まない日より調子がいい。日本酒の力を借りて仲良くなった人もいますし。お酒っていうのは割と普段コミュニケーションを取りづらい方との仲をつないでくれたり、自分が頑張った時のご褒美になったりしますよね。

──大人になるとなかなか新しい友達をつくる機会がなくなるので、お酒が人間関係の架け橋になってくれること、いっぱいあります。

f:id:uralatokyo:20170417131637j:plain
前のページ 1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy