ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジャングル・ブック』 レビュー(4/5点)【ひろゆき】
  • ジョン・ハムとガル・ガドット出演の映画『Keeping Up With the Joneses(原題)』のトレーラーが公開
  • 人はなぜ“天空”に夢を見るのか? 世界的童話が3D大作に!
  • 68歳とは思えない大女優ヘレン・ミレンの若さの秘訣は? 「人間の本質は年齢によって左右されるものではない」
  • 第3回『The Blackcoat’s Daughter』
  • ヴィン・ディーゼルが“最強MIXテープ”を作るなら? 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ロングインタビュー
  • オカシな仲間たちと“リアル殺人映画”でスターになろう! 映画『ホラーシネマパラダイス』
  • ダン・スティーヴンス、トライベッカ映画祭で映画『Permission(原題)』のプレミア上映時に映画『美女と野獣』続編について語る
  • 渋谷にタートルズ軍団出現! 筆者もパーティに参加してきたぞカワバンガ!
  • マイケル・シャノン、ギレルモ・デル・トロ監督の恋愛映画に出演交渉中
  • 『キンプリ』新作舞台挨拶 オバレキャスト3人が初登壇!「アフレコのシーンは各キャラの気持ちを汲んで」
  • 映画『パシフィック・リム』続編、ドラマシリーズ『デアデビル』のスティーヴン・S・デナイトが監督に決定
  • 『ハクソー・リッジ』壮絶な戦場の地・沖縄県浦添市 “デズモンド・ドス・ポイント”がGoogleマップに
  • ハリウッド業界、映画芸術科学アカデミー会員の多様性強化への動きに反応
  • 自分の目はふし穴。ありがたき他者の視点 『クィア・アイ』
  • 今知っておくべき国際的スター、窪塚洋介

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

想定外は逆にチャンス。レディ・ガガやマドンナを魅了する日本人ネイリスト

今、世界で注目を集めている日本人ネイリストがいます。それは、Naomi Yasudaの名で知られる安田直美さん。

現在ニューヨークで活躍している彼女は、その高い技術で、アリシア・キーズやレディ・ガガ、マドンナなど、多くのセレブリティを魅了しています

20160322_naomi.jpg© 2016 The Business of Fashion

そんな安田さんのInstagramは、斬新でアーティスティック。見ているだけでもとても楽しい気分にしてくれます。定番ネイルに飽きてきたというときに、参考にしたいデザインばかりです。

個性が光る芸術的なネイルデザイン

Naomi Yasudaさん(@naominailsnyc)が投稿した写真 – 2016 3月 8 12:20午後 PST

『KENZO』のコレクションに合わせてデザインされたこちらのネイル。ファッションとシンクロしていて、統一感がでます。

現在持っているガードローブのなかから、とっておきの一着を身に着けてネイルサロンに行き、「この服に合わせたネイルを」とオーダーしてみるのもよいかも。

Naomi Yasudaさん(@naominailsnyc)が投稿した写真 – 2015 4月 6 7:05午前 PDT

指先に広がる壮大な宇宙空間。見ているだけでも宇宙パワーが得られそうなほど、色とりどりに、アーティスティックに描かれています。

他人と被りたくない、普通のデザインじゃつまらないというときに、真似してみたいデザインです。

Naomi Yasudaさん(@naominailsnyc)が投稿した写真 – 2015 6月 3 6:29午前 PDT

トロピカルなパイナップルネイルに、安田さんオリジナルの感性がプラスされた、とっても元気な指先! 絶妙な長さのポイントネイルで、バランスの良くまとまっています。これからの季節にチャレンジしたいデザインです。

Naomi Yasudaさん(@naominailsnyc)が投稿した写真 – 2015 3月 26 8:28午前 PDT

愛らしいキャラクターのトロールが、指先に立体的にあしらわれたデザイン。たまにはキャラネイルであえて外すのも楽しそう。

Naomi Yasudaさん(@naominailsnyc)が投稿した写真 – 2015 2月 1 5:55午後 PST

安田さんが2012年のSuperBowlにて、初めてマドンナのネイルを手掛けたときの写真です。これを機にマドンナのネイルを担当するようになったのだそう。

成功のカギは、チャンスを掴む前向きな姿勢

安田さんは、もともと日本で美容専門学校を卒業した後、名古屋の小さなネイルサロンで働いていました。その後、子供の頃から憧れていたアメリカでのライセンス取得のため、9年前に渡米。

しかし、いざ現地へ着いてみると、日本のネイル技術の方が進んでいることに気付いたのだそうです。単色を塗るだけのネイルがトレンドだった当時のアメリカでは、立体的なデザインができるネイリストは珍しがられたそうで、安田さんは「逆にチャンスだと思った」とTVインタビューで答えています。

当初と予定は変わったものの、それをチャンスに変えて進み続けている彼女の前向きな姿勢は見習いたいところです。

ファッション界を快進し続ける

最近では、ファッション誌のアメリカ版 『VOGUE』や『ELLE』、コスメティックブランド『REVLON』やファッションブランド『CHANEL』や『KENZO』の広告やコレクションでもネイルを担当する安田さん。その勢いは、止まることを知りません。

今後も見逃せない安田さんの活躍とデザインは、Instagramでチェックしてみて。

image by gettyimages

■ あわせて読みたい

頭皮に香りづけ。髪質まで整えるヘアパフューム
石田ゆり子さんが支持される理由。「可愛げ」の秘密は?
紫外線。乾燥。頭皮のニオイ。気持ちいい肌でいたい
スマホが保湿の味方。水分センサーすごい正確
パックの時間は1分でいい
中村アンのヘルシーボディを作っているのは? 「〇〇をスープに入れる」
頭皮のニオイ。女子いちばん気にしてた。音波振動で汚れごっそり
なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。