ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミラーレス一眼お薦めランキング

漂流する身体。

今回はbohemian_styleさんのブログ『漂流する身体。』からご寄稿いただきました。
※記事のすべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/170775をごらんください。

ミラーレス一眼お薦めランキング

一眼レフ持ちだが、小さくて絵が良いミラーレス一眼をそろそろ買おうと比較検討し、はたと気がつけば累計何十時間と時間を投下していた。一応どれが良いとの結論がでて、ランキングまでつくってしまったので、備忘録的に書いておく。

ミラーレスの意義とは?

現在ニコンの一眼レフを、フィルムを入れて四台所有しているが、やっぱり重いので、一眼レフを持ち出すほどではないときにはコンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)を持ち出している。日帰りでどっか行く程度で、ちょっと一眼レフは重いなぁと思うときには、よくパナソニックの『LUMIX DMC-LX3』を持っていく。こいつは軽くて、コンデジにしては画質はいいけど、やっぱり一眼レフと比べると差は大きい。この重くて画質がいいか、軽くて画質は普通かは、長年続いたカメラ業界のトレードオフである。最近話題のミラーレス一眼とは、軽い割に絵が良く、このトレードオフを埋めんとする存在なのである。

画質って一体なに

画質というのは抽象的な概念だが、自分のなかでは5要素で考えている。なるべくかみ砕いて書くが、()内は適切な用語を使ってより正確に書いたものである。

・色の正確さ
・ボケの大きさ(=被写界深度の自由度の高さ)
・明るいところと暗いところの両立度合い(=ダイナミックレンジの広さ)
・暗いときのノイズの少なさ(=高感度性能)
・解像度の高さ(=画素数)

といったところだが、実はこれらは概ねカメラのセンサーサイズに比例して良くなったり悪くなったりする。センサーサイズが大きければ全般にいいし、小さければ逆だ。正確に言えば、上から4要素はセンサー全体の大きさより、一画素あたりのセンサーサイズ(センサーサイズ÷画素数)に比例しているし、各社のソフトウェア的な画像処理でも変わる。

ただ、画素数は、前書いた *1 ニコン『D800』の3600万画素みたいな突然変異を除けば、ほとんどが1000万画素台で概ね上記割り算の分子が同じとなった。これは、A4へのプリントなど、通常の用途における解像度は1000万画素でも十分過ぎるからだ。画像処理もかつてはフジフィルムやキヤノンが良かったりしたのだが、これも差が縮んで好みの世界にはいってきた。よって、センサーサイズと上から4要素の画質は比例すると考えていいだろう。

*1:「[ガジェット]NIKON D800発表。之買うべきか。」 2012/0208 『漂流する身体。』
http://d.hatena.ne.jp/bohemian_style/20120208

また、いちばん下の解像度の高さについては、センサーサイズより直接的には画素数に比例するのだが、上記のとおり多画素にして一画素あたりのセンサーサイズが低下すると、ほか4要素の性能が低下するというトレードオフの関係にある。だから、センサーサイズが大きいほうが、そのほかの画質を保ったまま多画素にできることになり、結果的にこの解像度とセンサーサイズも概ね比例することになる。

事実、一般的な一眼レフでいちばん大きなフルサイズと呼ばれるセンサーだと、解像度を捨てて感度に特化したカメラを除けば、2100~3600万画素、次に大きなAPS-Cサイズのセンサーだと1600~2400万画素、フォーサーズというその次だと1200~1600万画素と、大体比例している。これらを踏まえて、画質の良し悪しは、センサーサイズの大小にて判断することとした。

このあたりは意外に認知されていないところで、センサーサイズはメーカーお得意の数値比較ができる分野だから、もう少し宣伝しても良いと思われる。例えば、一般的なコンパクトデジカメの30倍大きいセンサー使用で良画質! とか。凄そうに聞こえないだろうか。

ミラーレス一眼の比較・選択軸

この画質の良し悪しも含めた、自分としてのミラーレス一眼の選択軸は下記のとおりである。

・画像入出力の質
―画質≒センサーサイズ
―HDR *2 の有無(明暗差が大きいシーンで、合成により人の視覚に近い絵にする機能)
―レンズの充実度
―背面液晶の質(大容量SDカードの普及により、背面液晶で写真見る事が増えたため)

・軽さ
―本体の軽さ
―レンズ込みの軽さ

・正確に撮れるか
―AFの速さ
―ファインダの有無、質
―手ぶれ補正

・実売価格

*2:HDRの効果はこのあたりがわかりやすい
「iOS 4.1でiPhone 4に追加された「HDR撮影」機能とは?」 2010/09/13 『ITmedia +D モバイル』
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1009/13/news072.html

いろいろ比較軸はあるようで、実は整理してみると大きく4項目の軸しかなかったというのが実感だ。もちろん、ほかにもたくさん機能はあるのだけど、この秋冬からほとんどの機種がフルHDになったとか、ほかはあまり差が大きくないと判断した。

よって、この4項目の軸で、いくつかの候補機種をさんざん店頭で試し、カタログスペックをなめるようにチェックしてみた。途中寝落ちして実際にカタログをなめてたこともあったかもしれない。最近のカタログはぬれても色落ちしないので、寝落ち派に変な化学物質を摂取する心配がないのは寿ぐべきことである。

さて、対象機種としては、各社の中上位機種ということで、ソニー『NEX-7』・『NEX-5N』、オリンパス『PEN E-P3』・『PEN E-PL3 』、パナソニック『LUMIX GX1』、ニコン『Nikon 1 V1』とし、参考比較として一眼レフからニコン『D5100』、コンデジからキャノン『PowerShot S100』をピックアップしてみた。

4項目の留意点

比較するにおいて四点ミソがあるが、一点目はレンズ込みの軽さのときに各社の10倍ズームレンズで比較したことだ。毎日持ち歩く人には、標準の3倍ズームか単焦点レンズで比較すべきだと思うが、僕は用途としてちょっとした外出のときに持って歩くことを想定し、毎日持って歩くのはコンデジで良いと思っている。なので、今の一眼レフでの旅における10倍ズームの出動率の高さを考えると、ミラーレス一眼においても、便利な”旅レンズ”たる10倍ズームが主な伴侶になると想定した。

二点目は自分にとって凄く重要になっていることだが、背面液晶の質だ。32Gとかの大容量SDカードの普及によって、ちまちまパソコンに写真を落とさず、そのまま画像を入れっぱなしにして、カメラで絵を見たり、人に見せたりということが増えた。なので、いくらイメージファイルの画質が良くても、背面液晶がイマイチだと、その良さが全くスポイルされてしまう。ディスプレイやプリントがダメなら、いくら良い写真撮っても意味がないのと同じことが、カメラの背面液晶にも最近いえてきたと感じる。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。