ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【どうしてこうなった?】蘇る伝説の”ダンサブル”シューティング!?PS4版『弾銃フィーバロン』開発者インタビュー

長野:いやだからさぁ!もう今の時代そうじゃないって言ってんじゃん!

久保田:あっ、すいません。この二人はいっつもこんな感じなので……。

――あ、なるほどですね!

IMG_2709のコピー_1024

長野:だから、あんたが昔のイメージを持ってるだけで、今それ本当にユーザーに対して言えんのかっていう話で!

堀井:まぁ、まぁ、まぁ……今言ってるけど(ボソッ)

長野:とにかく!そこらへんもひっくるめて、M2が遊べるゲームを作ってるんで!

堀井:そう!

長野:『フィーバロン』を移植として完全にも作ってますし、もちろんいろんなモードも足して、”今の人たちが楽しめる『フィーバロン』”を作ってます。

堀井:本当にそう。そのままの移植だけで出ていたら僕もちょっとオススメするのはキツいなっていうのはある。だから、どうやって出すかは相当考えましたね。

福井:そういうことで今回は、『スーパーイージー』と『フィーバー』という2つのモードを作りました。

久保田:『フィーバロン』の特徴である「速い弾」とか「派手な爆発」とか、敵を壊しつつ、弾を避けつつ、サイボーグ兵士を回収しつつ、というような楽しみを、なるべく手軽に遊べるように、という調整を、かなり重要視して作られています。

『フィーバーモード』で景気右肩上がり?

――では、その「新モード」について、もう少し詳しくお聞かせいただけませんでしょうか!

久保田:まず、『フィーバーモード』は、名前の通り、かなりフィーバーできると。景気が良いんですね。

――景気が良い!?

久保田:これ、自分がずーっと、かなり口酸っぱくして福井にお願いし続けてたんですけど。「とにかく景気良くして!」って。「派手さ」じゃなくって。

――と、言いますと?

久保田:アーケードのルールでは、敵をしばらく泳がせてしまうと、倒してもスコアアイテムのサイボーグ兵士が落ちてこないんですよ。それを、「とにかく全部出すようにして!」って言ったりとか。兵士を逃してしまったときに素点が「1」になってしまう所も緩和して、「ちょっとくらいミスってもドンマイ!」みたいな感じで。素点がいきなりもどってしまったら「景気が良い」とかじゃなくて「大恐慌」なので。

――弾が少ない、敵が少ない、ということではなくて、どんどん敵を撃ち落として、どんどんスコア回してもらって、という楽しみ方ができるということですね。

『スーパーイージーモード』に込められた”線の仕掛け”

IMG_2718のコピー_1024


福井:『スーパーイージー』は「ランク」(プレイ中に変化する難易度)の差を激しくしています。残機が減ってくると敵の弾速はかなり落ちてきて、誰にでも見えるようになります。だんだん慣れてきて残機を持ったまま進めるようになるにつれて、アーケードの難易度に近づいていく、という調整を行っています。

久保田:最終的には『スーパーイージー』を卒業してもらおう、という狙いをつけています。『ガレッガ』の時にもあった、オートボムをはじめとするお助け要素も、もちろんあります。

堀井:そうそう、があるじゃん。

久保田:そうですね。見てもらった方が早いと思うんですけど――。

IMG_2725のコピー_1024


[写真]『スーパーイージーモード』遊び方説明

久保田:ボムを持っている場合は、このラインより下のセーフティーゾーンにいれば、被弾してもオートボムが発動するのでミスになりません。アーケードモードの時も、このラインよりも下にいれば、弾を避ける時間が生まれるんですね。ラインよりも前に行くと、避ける時間が無いのでやられちゃうんですよ。だから、「なるべく下に居よう!」というのを、プレイヤーにしみこませるための工夫なんです。

福井:シューティングの基礎を、初心者の方にも学んでもらいたいんです。

堀井:多少、おこがましくはありますが!

前のページ 1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。