体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス旅行の前に観ておきたい映画15選

フランス旅行の前に観ておきたい映画15選

フランス旅行に行く時、みなさんは何を基準に観光ルートを決めていますか?便利なインターネットで目的地を決めるのもいいけれど、たまには映画に登場する「あの場所」を目指すなんてのもロマンチックですよね。

ということで、今回はフランスが舞台のおすすめ映画を15作品ご紹介します!ぜひ、旅の参考にしてみてくださいね。

 

1.アメリ

「ロスト・チルドレン」「エイリアン4」のジャン=ピエール・ジュネ監督が、空想好きのちょっと変わった女の子の恋の道行きを、遊び心いっぱいにレトロでキッチュでチャーミングに描いた心暖まるコメディ。
 
引用:allcinema

 
アメリのロケ地で有名なのが、赤い屋根が印象的な「カフェ・デ・ドゥー・ムーラン」と「モンマルトルの丘」です。アメリの影響でこのカフェを一目見ようと訪れる人が多く、店内にはアメリの写真が飾られています。

また、モンマルトルの丘はパリで一番高い丘で、街中を一望できる人気スポット。アメリもこの丘の上でいろんな妄想を繰り広げていました。

カフェ・デ・ドゥー・ムーラン

モンマルトルの丘

 

2.パリよ、永遠に

第2次世界大戦下のパリを舞台に、街を守りたいスウェーデン総領事と街の破壊命令を受けたドイツ軍将校との心理戦を描いたヒューマンドラマ。『ブリキの太鼓』などのフォルカー・シュレンドルフがメガホンを取り、フランスでヒットした舞台を映画化。
 
引用:シネマトゥデイ

 
ドイツ軍将校とスウェーデン総領事が心理戦を繰り広げていた舞台が、ホテル「ル・ムーリス(Le Meurice)」です。ホテルの一室からはパリの象徴とも言えるエッフェル塔が見えますが、破壊作戦が決行されていたらオペラ座や凱旋門などのパリの美しい街並みは木っ端微塵となっていました。

今の美しいパリが残った経緯を映画で体感してから訪れると、パリがただの美しくお洒落な街ではないことを痛感するでしょう。

ホテル ル・ムーリス(Le Meurice)

エッフェル塔

 

3.プラダを着た悪魔

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。