SNS×プロレスの可能性も? 新日本プロレスの株式を100%取得したブシロード木谷社長に今後のコンテンツ展開と戦略を聞く

access_time create folderエンタメ

木谷:そうですね。

今後のイベント戦略

ガジェ通:対戦カードを決めるマッチメイクや他団体との交流など、プロレスでは大会の流れを作っていくうえで重要な要素があると思うのですが、今後の大会ではどのようにかかわっていくのでしょうか。

木谷:まず他団体との交流については、自主路線で行いたいと思っています。外国人選手の招へいに力を入れたいですね。外国人選手も固定化していますので、新しい選手の発掘をどんどんやっていきたいなと思っています。新日本プロレス自体も選手の発掘やスカウトをしなきゃいけない。特に若い人ですね。

マッチメイクに関しては現場にお任せしている話です。「この人とこの人の対戦だと宣伝として押しやすい」というのは当然ありますし、その意見交換、情報交換は行っています。マッチメイクについては現場と我々で一致するのではないでしょうか。大きなところは一致すると思います。

ガジェ通:WWEは、筋書きのあるエンターテインメントとして大会を展開していますが、日本のプロレスもそういう方向に行く可能性はあるのでしょうか。

木谷:日本のファンはそういうものを受け入れないと思います。

でも方向とするとそっちの方にいくしかないかな、というのもありますね。女性のファンも増えてきているし。女性ファンは自分が応援しているカッコいい選手が勝てばなんでもいいんですよ。

女性の方が、実はプロレスを素直に楽しんでいますよね。大阪でもやっぱり棚橋選手が負けて、泣きそうになってる女性ファンが沢山いらっしゃったから。逆に男性ははそこまで感情移入できなくなってる。

ガジェ通:スレた見方をしますよね。

木谷:「むしろそうきたか」「これで次の大会は大丈夫かよ」とか。だから、新規のライトなユーザーが入ってくる必要がありますね。

女性は勝ったら喜ぶ、負けたら泣く。それでいいんですよ。例えばドラマを見ていて、「この女優、ホントにこういう性格なのか」「この俳優、ホントにこんなカッコいいのか」とか考えないですよね。それと同じようなもので、女性はいい意味で深く考えないですね。男性もそうなった方が楽しいと思うんですけど、やたら理屈っぽくなっちゃって。20年も見ていると語りたくて仕方ないんですよね。

ガジェ通:昔、新日本でも『WRESTLE LAND』というエンタメ路線の大会がありましたが、そのような別ブランドを展開する可能性はありますか。

木谷:それはないでしょうね。もしやるなら『ブシロードレスリング』の名前でやるのも面白いかもしれないです。アニメとのコラボでアニメファンに来ていただく、とか。1回試しにやってみてもいいですね。後楽園ホールで開催すれば会場は一杯になると思いますね。

ガジェ通:ブシロードとして今、期待している選手はどんな選手になりますでしょうか。

オカダ・カズチカ選手

木谷:大阪で勝ったオカダ・カズチカ選手、恐らく3月4日に内藤哲也選手と対戦すると思いますが、目先ではこの2人ですね。夏あたりまで考えると、大阪で負けた棚橋選手、中邑真輔選手がどういう形で巻き返していくかが楽しみですね。あとは大阪でインターコンチネンタル王者になった後藤洋央紀選手、キャラが突き抜けている真壁刀義選手。このあたりの6人が中心になっていくのではないでしょうか。

ガジェ通:ありがとうございました。

* * * * *
今後のコンテンツ展開では、単に新日本プロレス選手をカードゲーム化するだけでなく、スマートフォンに向けた自前のソーシャルプラットフォームでファンのコミュニティを形成する可能性を示唆した木谷氏。「コンテンツではなくコミュニティ」というブシロードの戦略が、今後の新日本プロレスを盛り上げるキーワードになりそうです。かつてプロレスファンだった30~50代の男性にも届く戦略は用意されているのでしょうか。2月29日に開催される『2012 新日本プロレス戦略発表会』で明らかになるものとみられます。ガジェット通信もこの発表会を取材する予定なので、続報をお待ちください。

ブシロードは、この『2012 新日本プロレス戦略発表会』の模様を『ニコニコ生放送』で中継する予定。発表内容をいち早く知りたい方はチェックしてみましょう。

2012 新日本プロレス戦略発表会(ニコニコ生放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv82491967[リンク]

ブシロード
http://bushiroad.com/[リンク]

写真提供:新日本プロレスリング株式会社
http://www.njpw.co.jp/[リンク]

※すべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

前のページ 1 2 3
access_time create folderエンタメ

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧