ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅にスタイリストがやってくる。サンフランシスコ女子のファッションはアプリ任せ

仕事にプライベートに忙しいサンフランシスコの友人たち。

彼女たちのなかでとても人気なのが、全身のコーディネートを教えてくれるファッションアプリ。以前、グリッティで紹介しましたが、実際使っている人の多さに最近驚いています。

スタイリング料金はゼロ。洋服代だけ払えばいい。というアプリも多く、ファッションはますますテックフレンドリー。

しかし、パーソナルスタイリストの私からすると、ビジネスのライバルが出現したことになり、なかなか厳しい現実です。

自宅にスタイリストが来てくれるファッションアプリ

Boon + Gableさん(@boonandgable)がシェアした投稿 – 2017 4月 13 8:54午後 PDT

いま、サンフランシスコ女子のなかで話題に上がるのが「Boon+Gable」。なんと、サンフランシスコエリアに住んでいるなら、自宅までスタイリストが来てくれるアプリなんです。

自分の希望のスタイルと予算などの情報を入れたら、あとは待つだけ。スタイリストが、選んだアイテムを持って自宅まで着てくれて、新しいアイテムを試着できます。もちろん気に入ったものだけを購入することができるので安心。

さらに、いま自分が持っている服とのコーディネートアドバイスなど、クローゼットの見直しをしてくれます。このサービス、クローゼットキュレーションと呼ばれていて、料金は1時間100ドル(約11,000円)。

なんでもプロに任せるのが好きな、都会のアメリカ人に大人気です。

1回のパーティのためにドレスを買うのはもったいない。だからレンタルしよう

Armariumさん(@worldarmarium)がシェアした投稿 – 2017 4月 7 11:34午前 PDT

レッドカーペットでセレブが着るような、ハイブランドのコレクションドレス。着てみたいけど、1回のパーティだけに何十万も払えない。

そんなサンフランシスコ女子に注目されているのが「Armarium」というアプリ。憧れのドレスやアクセサリー、小物をレンタルすることができるのです。

さらに、スタイリストに予約をとって、スタイリングを相談することもできます。

気になるレンタル料金ですが、例えばエミリオ・プッチの販売価格4,950ドル(約55万円)のドレスのレンタルが625ドル(約7万円)といった感じ。

実際に、友人が仕事関係のパーティでこのアプリを使用して、ミッソーニのドレスをレンタルしたそうですが、大満足だったそうです。

「まさにハリウッドセレブのような気分を味わえた」

と話していました。

ファッションはますますテックフレンドリーに。パーソナルスタイリストには厳しい現実

「パーソナルスタイリストってどんな人が頼んでくるの?」とよく人に聞かれますが、利用者には、忙しい女性だけでなく、主婦や男性などもいます。

用途は、主にパーティでのコーディネートや仕事で着るコーディネートの相談。また、家族や友人へのギフトとしてパーソナルスタイリングをお願いされることも。

都会では、とくに「アプリよりもお金を出してプロにお願いするほうがいい」と考える人が多いと感じます。

とはいえ、続々とスタイリング付きのファッションアプリが登場しているアメリカ。パーソナルスタイリストにとっては厳しい現実です。

スタイリストの友人のなかには、ファッションアプリの会社でスタイリストとして働き始めた人もいます。

私もビジネスのやりかたを考え直さなくては、と考えているところです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

サンフランシスコ女子。結婚式の準備は、すべてオンラインで済ませる

なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

■ あわせて読みたい

春の恋愛予報。次の恋はいつやってくる? #深層心理
早起き。朝6時から爆音でワークアウトするオージーガール
オンラインパーティに誘うサンフランシスコ女子 #賛否両論
「;」のタトゥー。セレーナ・ゴメスが刻んだ理由
気軽で気楽。マクドナルドはSnapchatが採用面接代わり
お金をかけて婚活したくない。でも、結婚したい。
本質見抜けてる? あなたの分析力 #深層心理

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。