体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和体験に食べ歩き♪この時期オススメの飛騨高山の遊び方【岐阜】

和体験に食べ歩き♪この時期オススメの飛騨高山の遊び方【岐阜】 ユネスコ無形文化遺産登録記念 高山祭屋台の総曳き揃え

東海エリアの人気観光地「飛騨高山」。

古い町並が今なお残り、和の文化が感じられます。

そんな飛騨高山に訪れた際にぜひ寄ってほしい観光スポットをまとめました。

和スイーツに飛騨牛グルメを食べ歩き。

そうそう、高山ラーメンも忘れちゃいけないですよね。

さらにレンタル着物で町を歩けば素敵な一日が過ごせること間違いなし。

今度のお休みは和文化体験でほっこりと癒される休日を過ごしませんか?

記事配信:じゃらんニュース

でこなる横丁

でこなる横丁

焼き鳥や寿司など現在全18店舗が並ぶ屋台村 でこなる横丁

住所/高山市朝日町24

アクセス/中部縦貫道高山ICより10分

駐車場/なし

「」の詳細はこちら

立ち飲みワインバー Dios

お気に入りのワインが見つかる。

1軒目に軽く飲むのにピッタリ!

立ち飲みワインバー Dios

4月はロゼを企画。高山ではここでしか飲めないロゼが揃う

ワインがすべてグラスで楽しめる立ち飲みバー。

色々な国の、誰もが飲みやすいワインを揃え、窯で焼いたピザやチーズなどのつまみと共に気軽に楽しめます。

横丁内でのハシゴの一軒目におすすめ! 立ち飲みワインバー Dios

TEL/090-5864-3057

営業時間/17時30分~翌1時

定休日/木

「立ち飲みワインバー Dios」の詳細はこちら

Salumeria Garden TINO

テーマは無添加で地産地消。

本場イタリアンを手軽な価格で。

自家製ソーセージと生ハ ムプロシュート各650円

自家製ソーセージと生ハムプロシュート各650円

飛騨のうま豚で作る自家製ソーセージをはじめ、添加物を極力使わない手作りの料理は優しい味わい。

イタリアから輸入する生ハムなども揃い、イタリアワインと共に楽しみたいですね。 Salumeria Garden TINO(サルメリア ガーデン ティノ)

TEL/090-6763-7675

営業時間/18時~

定休日/不定

「Salumeria Garden TINO」の詳細はこちら

飛騨とらふぐ・天ぷら 寿天

とらふぐを手軽に味わう。

てっちりで〆る高山の夜。

てっちり

てっちりは1人前1600円とお得

毒のない安全な飛騨とらふぐを、一年中てっさや天ぷらなどで楽しめるお店。

てっさも天ぷらも1枚、1個から頼める気軽さが嬉しいです。

横丁でのハシゴのシメには、やっぱり鍋で決まり! 飛騨とらふぐ・天ぷら 寿天(としてん)

TEL/0577-57-7280

営業時間/18時~24時(LO23時30分)

定休日/水

「飛騨とらふぐ・天ぷら 寿天」の詳細はこちら

飛騨高山きものさんぽ

全部借りられるから手ぶらでOK!特典もいろいろ。着物で巡る高山の町。

飛騨高山きものさんぽ

着物を着るとしっとり大人な気分に

着物はもちろん、小物や草履まで用意されているので、好きな着物を選んで着付けてもらったら、記念写真を撮ってからお散歩へ。

観光施設が無料または割引で入れる手形の特典も付きます。

【期間】4/16(日)~5/28(日)の土日祝に開催(4/29・30を除く) 飛騨高山きものさんぽ

TEL/0577-36-1011(飛騨・高山観光コンベンション協会)

住所/高山市本町1-2

営業時間/9時~17時(受付は15時まで)雨天時中止

料金/2時間2000円(延長30分ごと500円)※予約不要(参加者多数の場合、15時より前に受付を締切ることもあり。)

アクセス/中部縦貫道高山ICより10分

駐車場/なし(近隣の有料駐車場を利用)

「飛騨高山きものさんぽ」の詳細はこちら

ユネスコ無形文化遺産登録記念 高山祭屋台の総曳き揃え

登録を記念し、55年ぶりに勢揃い。

ユネスコ無形文化遺産登録記念 高山祭屋台の総曳き揃え

世紀の祭典にふさわしい一大イベントだ

2016年12月に高山祭の屋台行事がユネスコの無形文化遺産に登録されたことを受け、春の祭屋台12台と、秋の祭屋台11台の計23台が55年ぶりに同じ場所に曵き揃えられます。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。