体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イケメンの考えるデートはしょうもない?非モテが考えた横浜デートプランと対決してみた

イケメンの考えるデートはしょうもない?非モテが考えた横浜デートプランと対決してみた イケメンの考えるデートはしょうもない? 非モテが考えたデートプランと対決してみた

いきなりで恐縮だが、これからものすごい偏見を書く。

「イケメンの考えるデートプランって、しょうもないのではないだろうか」

だって彼らはべつにデートを頑張らなくたってモテてきた人種だろう。ということは、必死にプランを考えたりすることはないだろうし、むしろ手を抜きがちなのではないか。非モテのひがみに聞こえるかもしれないが、この仮説にはそこそこ自信がある。

実際にイケメンと非モテでデートプラン勝負をして、自信を確信に変えたいと思う。

お題:「気になる女性と横浜デート」でプラン対決!

イケメン、それは生まれながらに「モテ」を授かる選ばれし存在。労せずしてモテてきた彼らは、きっとデートを「なめている」はずだ。非モテがデート1回にかける切実さなんて、あいつらには想像もつかないだろう(※なお、この記事は非モテサイドの人間が書いているため、イケメンに辛辣な表現が目立ちます。あらかじめご了承ください)。

というわけで、今回はイケメンと非モテがそれぞれ渾身のデートプランを考え、どちらが女性に支持されるかを検証してみたいと思う。

さっそく被験者を紹介しよう。まずはイケメン代表から。

五十嵐くん

彼の名は五十嵐くん24歳。都内の建設会社で設計と現場管理の仕事をしている。大学時代は有名ファッション誌で読者モデルもしていたという正統派イケメン。

まずは意気込みを聞いてみよう。

「イケメンだなんて恐れ多いです。そもそも僕、もてませんけどいいんですかね?

でも、デートプランは真剣に考えたいと思います」

コメントまでイケメンである。謙虚だし、仕事もしっかりしているし、筆者に娘がいたらこういう青年と結婚してほしいと思うんだろうな。

一方、非モテ代表がこちら

ライターの小野くん

ライターの小野くん26歳。つい最近まで無職だった。2年彼女がおらず、世のカップルを呪うことで心の平静を保っている。最新の呪いの種は「友人たちがアホみたいに同棲し始めていること」。娘には近づいてほしくないタイプだ。

この、対照的な両者に

「(彼女未満の)気になる女性と初デート」

「日帰り」

「エリアは横浜」

「予算8000円」

という条件設定とインターネットを与え、1時間でデートプランを練ってもらった。

プランニング

では、さっそく2人がプランニングした「最高の横浜デート」をプレゼンしてもらおう。

まずは五十嵐くん発案のイケメンプランから。

五十嵐「待ち合わせは昼の12時、元町中華街駅の2番出口です。

まずは『横浜中華街』で、ランチがてら食べ歩きします。初デートなので、歩きながら色々とお話ができたらなと。

14時から『元町ショッピングストリート』で雑貨や洋服などの買い物を楽しみつつ、スイーツ・カフェ店探し。食べ歩きからの買い物で疲れちゃうのでカフェで休憩します。買い物を入れたのは互いの趣味がわかるので、今後につなげられそうかなって。

17時くらいから『港の見える丘公園』に行って、夕暮れ時の港を一望しながらお話。

18時から横浜ランドマークタワーの中にある『トリックアートクルーズ』で、一緒に写真を撮ったりして思い出を残したいですね。

ディナーは赤レンガ倉庫の『chano-ma横浜』に行きます。ベッドみたいな小上がりの席があるので、たくさん歩いて疲れた足を伸ばしながらくつろげるかなと思って。

そのあとは赤レンガ倉庫から夜景を見ながら駅に向かって、21時くらいに解散します」

五十嵐くん発案

続いて、小野くんのプラン

小野「まず、タイトルは『話題の野毛デート』。今、メディアで注目の野毛に行きます。野毛は女性が一人で飲みに行ける楽しい横丁もあるし、飲み屋以外にもじつは色んな魅力があるんですよ」

なんだか前置きが長い。不安の表れだろうか、非モテ特有の必死感がある。しかし、この気迫がぜひ女性陣に伝わればいいと思う。続けてもらおう。

小野「集合は昼の12時45分、桜木町駅で。野毛にある1946年開業の老舗洋食レストラン『センターグリル』でランチを食べます。ここのオススメはナポリタンとオムライスなんですが、僕はナポリタンが嫌いなので彼女にナポリタンを選んでほしいです。

食後、14時に『野毛動物園』に行きます。ライオン、キリン、クマ、さらにはカメやヘビ、レッサーパンダなど約80種類の動物がいて、しかも無料。毎日のようにイベントもやっているので話題には困らないはず。

16時になったら園内の『ひだまりカフェ』で休憩。動物園の感想を話しながらまったりします。

17時に『野毛山公園』を散歩します。今の季節(※取材時点)は桜がキレイですし、1964年の東京オリンピック予選が行われた記念の彫刻があったり、展望台に上ればみなとみらいが一望できたりと、色々あるので会話がなくても間が持ちそうかなと。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。