【独占記事】クリストファー・ロイド、コメディ映画『Senior Moment(原題)』に出演へ

access_time create folderエンタメ 映画

クリストファー・ロイドがロマンティック・コメディ映画『Senior Moment(原題)』に出演し、ウィリアム・シャトナーと共演するとの情報を、本紙ヴァラエティが独占入手した。

カート・ブルンガートとクリストファー・モメニーの脚本をもとにジョルジョ・セラフィーニが監督を手がける。ルネ・シャリダンとジーナ・G・ゴフがプロデュースし、今年の春からカリフォルニア州パームスプリングスで撮影を開始する。

シャトナーは、かつてNASAの航空機のテストを行っていたトップガンの元パイロットを演じる。親友(ロイド)を従え、改造したヴィンテージのホットロッドで町を暴走していると、危険なシニアドライバーとして取り締りに遭う。彼の車は押収され、運転免許も失効となる。

ロイドは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ3部作の「ドク」ことエメット・ブラウン役を演じたことで知られている。次に彼の姿が見られるのは、アラン・アーキン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンと共演したニューラインのコメディ映画『ジーサンズ はじめての強盗』だ。また、その他、TVシリーズ『Taxi(原題)』のジム・イグナトウスキー役でプライムタイム・エミー賞を2回受賞している。

また、米テレビ局PBSキッズのアニメシリーズ『Cyberchase(原題)』のザ・ハッカー役で声優も手掛けている。同役でデイタイム・エミー賞に2度ノミネートされている。

キャスティング・ディレクターのパトリシア・マコークルとロイドのマネージャーのアンディ・フリードマンによって交渉が行われた。

access_time create folderエンタメ 映画
local_offer

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧