『攻殻機動隊』シリーズの新作アニメが始動

access_time create folderエンタメ

カルト的なアニメを実写化した米パラマウント・ピクチャーズ作品に対し、世界的に冴えない反応があったにも関わらず、日本のアニメ界をリードする製作会社プロダクションI.G.は、『攻殻機動隊』シリーズの新たなアニメ作品を製作するようだ。

監督には、同シリーズで複数の作品を手掛けてきた神山健治と、映画『APPLESEED アップルシード』の荒牧伸志が名を連ねている。

プロダクションI.G.は新作の詳細を明かしていない。劇場映画になるのか、テレビシリーズまたは他の形式になるのか、タイトルや公開日も含めて不明である。

コミック作家の士郎正宗によって描かれた『攻殻機動隊』シリーズは、1989年に最初のコミックが出版されて以来、長編アニメ映画やテレビシリーズ、ゲーム、小説、OVAを生んできた。

ルパート・サンダーズが監督し、スカーレット・ヨハンソンが主演する実写映画は、押井守が1995年に監督したアニメ映画に大いに着想を得ている。現在までに7400万ドルを稼ぎ、日本では東宝東和によって4月7日から劇場公開が始まった。

access_time create folderエンタメ

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧