体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1985年の『ベーマガ』と『LOGIN』見たら上司と社長が載ってた話 【おっさんホイホイ】

IMG_2219_f

※このコラムは1985年頃を背景とした昔話が主体となっております※

先日、「電脳ドン・キホーテ」を自称する秋葉原のPC・ゲームショップ『BEEP』に行ってきました。このお店、古い古いパソコンゲームやパソコン本体、ゲーム基板など、PCに関する“タイムスリップ系”のものはだいたい揃っているという珍しいお店なのです。88、X1、68、MSX辺りはだいたい有る、って言ってピンとくる人向けです。そうです。あなたの心です。

さてこの『BEEP』、以前取材させていただいたよしみもありまして、顔なじみになった店長さんがいらっしゃるのですが、その店長さんが「ちょっとちょっと」と手招きしている。

IMG_9497

「面白いもの見つけたんですよね」と渡してくれたのは、1985年の雑誌『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)と『月刊ログイン』(アスキー)のバックナンバー。

IMG_2254_f IMG_2256_f

ああ、このパックマンの表紙の『ベーマガ』、めっちゃ読んでました! たしか古川君に借りて読んだやつだ。1985年の記憶、意外と健在。この「RPG大特集」の『ログイン』も多分読んだことがあるやつです。

IMG_2243_f IMG_2223_f IMG_2225_f

中を見せてもらうと、ネット由来のネタ画像で見たことのある広告が目に飛び込んできます。ゲーム攻略記事とか、どれもこれも見覚えがある。

IMG_2239_f IMG_2224_f IMG_2241_f IMG_2250_f

新作マル秘情報が『XANADU』とか『レリクス』とか『Mr.PC』6601SRとか『FLAPPY』と『マカダム』が隣り合った広告とか(笑)。果ては「ファミコン通信 速報!ドルアーガの塔」ですからね。

IMG_2231_f IMG_2228_f

そして「パックランド徹底大研究」はもちろんのこと、「周辺機器使いこなしマニュアル パソコンの可能性をグーンと高める フロッピディスクの巻 一度使ったらやめられない!!高速大容量!」とかたまりませんな。

この頃の雑誌って、圧倒的に情報が少ない時代の情報源だったので、当時の僕らは繰り返し繰り返し、それこそ広告も含めて隅々まで読みましたよね。

「……あったあった」

IMG_2248_f

そういって店長さんが開いた『ログイン』を見ると、若者たちの写真から始まる特集ページ。「目指せゲームメーカー日本一! 平均年齢21歳、若きプログラマー集団 ゲーム・アーツ」とあります。

IMG_2247_f

そう、この頃の『ゲーム・アーツ』は大ヒット作『テグザー』を生み出した新進気鋭のゲームメーカーなのです。その『テグザー』のゲームデザイン、キャラクター・グラフィックデザインを担当した上坂哲氏は、ガジェット通信と居を共にする未来検索ブラジルのエンジニアです。(つまり筆者の上司)

IMG_2240_f

32年前、かつて自分が読んでいたころは、この人と一緒に仕事するとか、文字通り夢にも思わなかったなあ。当たり前だけど。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。