体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】スティーヴン・キング原作のホラー映画『It(原題)』、ファースト・トレーラーを公開

スティーヴン・キングの名作ホラー小説を原作とする映画『It(原題)』は、間違いなく観客をピエロ恐怖症にするだろう。

米ワーナー・ブラザースは3月29日(現地時間)、身の毛もよだつポスターを披露した翌日に、ぞっとするようなファースト・トレーラーを公開した。プロジェクターが壊れるシーンや排水溝に顔を近づけるシーンは、何にも増して恐怖を誘う。

ニュー・ラインによる本作は、映画『MAMA』のアンディ・ムスキエティが監督し、テレビドラマ『ヘムロック・グローヴ』シリーズで知られるビル・スカルスガルドが邪悪なピエロ、ペニーワイズ役を演じる。またピエロに怯える子供たち役には、テレビドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でブレイクしたフィン・ウォルフハード、映画『ミッドナイト・スペシャル』のジェイデン・リーバハー、ジャック・ディラン・グレイザー、ワイヤット・オレフ、チョーズン・ジェイコブス、ジェレミー・レイ・テイラーらが出演する。

1990年に放送されたテレビのミニシリーズでは、本作を象徴する恐怖のピエロ役をティム・カリーが演じた。カリーが演じた時のように、スカルスガルドが演じる悪魔のようなピエロも真っ赤な風船を持ち歩き、トレーラーで「お前も浮かぶぞ」と言う。

ティーザーは雨の日のシーンで始まる。ジョージという名の少年が紙製ボートを雨水に浮かべて遊んでいたところ、排水溝に入ってしまう。そこにペニーワイズが登場し、少年を排水溝に誘い込もうとする。ジョージの兄のビル(リーバハー)と友人らは、メイン州のデリーから多くの子供が姿を消し始めるにつれ、ジョージ失踪の真相を突き止めるためにルーザーズクラブを結成する。

『It(原題)』は9月8日に米劇場公開される予定。

映画のポスターは以下:

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy