体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CMの歌声が話題!「夢はオリンピックで歌うこと」 輝く17歳!ゴスペル女子高生に迫る

CMの歌声が話題!「夢はオリンピックで歌うこと」 輝く17歳!ゴスペル女子高生に迫る アイキャッチ_ゴスペル女子高生取材 ゴスペル女子高生取材_01

お菓子メーカーのテレビCMで、ド迫力の歌声を披露し、そのインパクトよりひそかに注目を浴びている17歳の女子高生がいます。

 

ゴスペル女子高生取材_02

彼女の名前は、鈴木瑛美子(すずき・えみこ)さん。CMソングは現在、ミュージックビデオとしてyoutubeに掲載され、2017年3月30日時点で、視聴回数は 88万回以上を記録しています。

 

プロではなく、部活でバレーボールをするフツーの女子高生がなぜ、テレビCMへ出演することに? 気になる彼女に話を聞きました。

 

腰のケガを乗り越えた経験が、天性の歌声をより感動的に

ゴスペル女子高生取材_03

Q:まずは、テレビCMへ出演することになったきっかけを教えてください。

きっかけは、関ジャニ∞さんのテレビ番組です。

番組では、プロ歌手の人たちがカラオケの点数を競います。私はアマチュア代表として、予選を勝ち上がっての出演でした。そこで歌う私のパフォーマンスをテレビで見たお菓子メーカーの社長さんが気に入って、声をかけてくださったと聞いています。

 

ゴスペル女子高生取材_04

Q:鈴木さんが歌い始めたのは、何歳くらいからですか?

最初にステージで歌ったのは4,5歳です。

小さいころから歌を歌うことは大好きで、ミュージカルの演出や作曲をする父と、同じように舞台に立っていた母と、2歳年上の憧れの姉と、私の家族4人の周りは、いつも音楽と歌であふれてました。

 

Q:歌を習い始めたのはその頃ですか?

いえ。私は、歌を誰かに習った経験はないんです(笑)。

父は歌を教えることもしているんですが、そんな父の指導を受けたことも一切ありません。しいていうなら、動画再生サイトのミュージックビデオで歌う、海外アーティストの一人ひとりが私にとっての先生。私の歌は、それをお手本にした完全な自己流なんです。歌は、自分が好きだから聴いて歌っています。とても個人的な趣味なんです。

そんな私が、ちゃんと歌おうって、意識したのは中学生のころでした。中学1年生のときに、バレーボール部の練習中に腰を痛めました。分離症(ぶんりしょう)というケガで、プレーできない期間が何か月もあったんです。

 

ゴスペル女子高生取材_05

Q:当時はどんな気持ちだったのでしょう?

こんなに頑張ってるのに、なんで自分!できないの! って、もう、すごくショックで。

1年生の新人戦をキャプテンとしてスタメンで戦ったし、その責任から、もっと気を付けながら練習できたんじゃないかって、悔やむ気持ちもありました。

そんなふうに落ち込んで、『ドリームガールズ』という映画をたまたま見ていたときです。

私は、役者として映画に出演していたプロ歌手のジェニファー・ハドソンに心を奪われました。彼女の歌う『I AM CHANGING』という曲の歌詞のすべてが、自分の状況にぴったりと重なったんです。

「たくさん辛い思いをしてきた。もう、それは終わり。私は変わる」というような内容の歌詞で、以来、私は変わりました。

 

英語の弁論大会で千葉県代表として全国大会へ

 

ゴスペル女子高生取材_06

Q:どんなふうに変わったのですか?

ケガの原因を自分以外へ求めたり、先生の指導について来ないチームメイトをもどかしく思って、私が独りよがりな行動をとったりするのは、違うなって。周りを責めるのではなく、自分にできることをひたむきにやろうって思いました。

結局、リハビリを終えて部活へ戻っても、中学生のうちにレギュラーへ戻ることはできなかったんですが、それでも、最後の最後に、友達にいわれて一番うれしかった言葉があります。

 

ゴスペル女子高生取材_07
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。