体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】まさかのときのために知っておきたい、「シームレス寺泊」って?

徳島県と言えば、一番に思い浮かぶのは「阿波踊り」ではないでしょうか? しかし、徳島県の魅力はそれだけではありません。そこで今回は、そんな徳島県の新たな魅力の一つとなること間違いなしの試み、シームレス寺泊(つなぎ目のない)の宿とプチお遍路体験をご紹介。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

シームレス(つなぎ目のない)民泊、寺泊とは?

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

平時は民泊、寺泊の宿として利用でき、災害時には避難所となる民家やお寺のこと。シームレス(つなぎ目のない)民泊、寺泊は、お遍路さんの民泊のニーズに応えること、災害時の後方支援としても有効だそう。しかも、徳島県阿南市は津波の心配が少ないこともあり、いつ起こってもおかしくないと言われている南海トラフ地震の際も避難先として最適とのこと。

シームレス寺泊ができる「白水山 医王院 平等寺」

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

今回お世話になったのは、四国霊場第22番の礼所「白水山 医王院 平等寺」。弘法大師(空海)が修行して、井戸を掘ったと言われている場所にある真言宗智山派 のお寺です。この井戸は日照りが続いても枯れることなく、万病にきく「弘法の霊水」として知られています。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

平等寺の門。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

こちらが宿泊施設。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

広々とした玄関。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

お部屋は10畳と8畳の2部屋あり、いずれも和室となっています。お風呂も上の画像の通り、数人で入れる広さ、さらにお手洗いも2つあり、快適に過ごすことができます。

「平等寺」の朝の絶景!

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

平等寺に宿泊してみて、一番感動したのは朝日の美しさ。朝食の前に外に出ると、このような光景を目にすることができました。朝日を眺めていると、精神がどんどんと研ぎ澄まされていくのを感じましたよ。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

その後、7時から30分の朝のおつとめを行いました。本来は、おつとめと瞑想は別に行うそうなのですが、今回は時間が限られていたため、おつとめと瞑想を一緒に行うことに。谷口真梁副住職が元祖「ヨガ」と言われている、つぶやきを行い、お経(大般若経など)を読んでいく間、口から息を吐き切りことに注意を払い続けました。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

呼吸だけでできる簡単な瞑想でしたが、普段いかに呼吸が浅かったかを知ることになりました。ゆっくりと口から息を吐き続けていくと、だんだんと心身ともにリラックスしていくのを感じます。日常生活の緊張を強いられる場面で、この瞑想法を行うと、緊張をほぐすことができるそうです。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

さて、朝のおつとめと瞑想が終わったら、お待ちかねの朝食です。朝食からイチゴのデザート付きで、テンションが上がりました。お味の方も、切り干し大根がさっぱりとしていて非常に美味しく、お味噌汁も具沢山で大満足でした。

【プチお遍路も】阿波踊りで有名な徳島県でシームレス寺泊を体験してきた

朝食と一緒に徳島名物の「阿波晩茶」を飲むことができます。このお茶は緑茶と同じ茶葉を使用しているのですが、約4週間ほど茶葉を発酵させるのが特徴的。ふんわりと優しい香りのするお茶で、飲むとホッとしますよ。

平等寺はお釈迦さまの誕生日と言われている4/8(土)からシームレス寺泊「坊主の宿」としてスタートします。素泊まり:4000円、一泊二食付き:7000円になる予定だそうで、徳島県を訪れた際には、平等寺で寺泊を体験してみるのもいいかもしれませんね。朝のおつとめは無料で参加できるそうです。(シームレス寺泊のお寺といえども、平時は通常の寺泊と変わりなく、のんびり快適に過ごせます)。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。