ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTML5/CSS3を学んだ後にJavaScriptを学習するべき5つの理由

本記事は、EdTech.jp(エドテックドットジェーピー)から転載した記事になります。元記事はこちら

 

最近、私は、自分のオンラインコース(UdemyのBuild Responsive Real World Websites with HTML5 and CSS3)の受講生から次のような質問を受けることが増えてきました。

私はUdemyのあなたのHTMLとCSSのコースを修了しました。私はWebエンジニアとしてさらに進歩したいと思っています。私に今後の方向性を教えてもらえますか?

あなたの素晴らしいコースを受講した後、私は何を学ぶべきでしょうか?

私はフロントエンド開発を続けるべきですか、それともバックエンドに移行すべきしょうか?どんな助言でも大歓迎です。

これらの質問は本当に優れた重要なものですので、話をして考えることに時間を費やす価値があります。 Webエンジニアになるには、あなたが学習したいことを明確にして、それに時間を費やすことが重要です。あなたが達成したい目標についての計画です。

こうした計画がなければ、あなたは多くの貴重な時間を失い、そしておそらく挫折してしまうでしょう。それは避けましょう。

 

これらの質問を分析するために、まずHTML5/CSS3/JavaScriptの共通点を考えてみましょう。その次に、Web開発の基礎を習得したばかりの方にとって、JavaScriptが完璧な言語である5つの理由を紹介します。

準備はできましたか?それでは進めましょう!

 

フロントエンドとバックエンドのWeb開発

シンプルに言うと、あなたがWebサイト上で見たりやりとりするものは、すべてフロントエンドです。例として、テキスト、画像、ボタン、フォームなどをイメージするといいでしょう。しかしWebサイト上には、スライダー、ポップアップウィンドウ、地図、アニメーションなどの動的要素も含まれています。ユーザーが見ることができるものは、フロントエンドの一部であるといえます。

フロントエンドの基盤は、HTML5/CSS3/JavaScriptの3つの技術に基づいています。HTML/CSS/JavaScriptでコードを書いている開発者は、「フロントエンドエンジニア」と呼ばれています。

あなたがインターネットからWebサイトやWebアプリケーションを読み込むたびに、ブラウザが表示するコードを彼らは書いているのです。

つまり、フロントエンドコードを書くということは、ブラウザのためのコードを書くことといえます。これはおそらく分かりやすい表現だと思います。

 

もちろん、フロントエンドに加えて、バックエンドもあります。Webサイトのバックエンドは、サーバー、アプリケーション、データベースで構成されています。

これらは、すべてのデータが格納され、Webアプリケーションのロジックが実行される場所です。多くの場合、バックエンドは、最初にフロントエンドを可能にしているものです。PHP/Ruby on Rails/Python/Java/Node.js(これはJavaScriptを使用しますが、後で詳しく説明します。)などの技術は、WebサイトやWebアプリケーションのバックエンドをプログラムするために使用されます。

 

最後に、いわゆる「フルスタックWebエンジニア」とは、フロントエンドとバックエンドの両方の技術を使って、完全なアプリケーションや複雑なWebサイトを書くことができる、スーパーヒーローのようなエンジニアのことです。

しかし今日では、さまざまな技術、ライブラリ、フレームワークがWeb開発において登場しているため、本当に優秀なフルスタックWebエンジニアになることは、ますます難しくなりつつあります。

 

さて、以上は簡単な概要でした。これらの用語を正しく定義しておくことは本当に重要です。というのも、あなたがWeb開発に関する情報を読むときによく目にするからです。

また、あなたはいずれどちらの学習に時間(およびお金)を費やすか選択する必要があります。

 

JavaScriptが次の唯一のステップです

HTML5/CSS3/JavaScriptはすべてフロントエンドのWeb技術であることを見たので、JavaScriptを学習することがあなたの次のステップになることは論理的に考えて妥当ですね?

なぜなら、JavaScriptはあなたがフロントエンドのWebエンジニアになるために必要だからです。あなたがフロントエンドについて学習している最中であるとしたら、JavaScriptを学習することはその仕上げになります。

しかし、理由は他にもあります。これはJavaScriptに今すぐ進むべき最大の理由ではありません。

 

今日ではWeb開発に多くの技術があり、初心者には選択肢が多すぎます。その選択は難しいのです。Web開発の世界では、新しい優れた技術、フレームワーク、ライブラリが常に登場しています。

多くの受講生はこのことに混乱し学習を完全に諦めてしまいます。何千人もの受講生は次のような状況に至っています。

フロントエンドとバックエンドのどちらに焦点を当てるべきだろう?

Reactが本当に人気が高いと聞いた。だから私はそれを学ぼう。Reactは素晴らしいフロントエンドのフレームワークだという情報を読んだので、これを始めてみようか?それとも、AngularJSが良いだろうか?しかし、バージョン2はバージョン1と全く異なっているようだ。何だが混乱してきた。私はバックエンドの方が好きだと思う。… だからPHPを学ぶべきでは?PHPは簡単らしい。でも、今ではもう誰もPHPを​使用していないようだ?むしろ、クールなスタートアップはどこもRuby on Railsを使用しているようだ。他には何があるだろう?Python?Java?Node.js?結局のところ、Web開発は私に向いていないかもしれない…

そして、この状況はさらに続くでしょう。簡単ではないことが明らかです。しかしそうである必要はありません。なぜなら、JavaScriptが究極の答えだからです。JavaScriptを学ぶとしたら、あなたは今日、そして将来のために備えができることになります。

その理由について見てみましょう。

 

理由1:JavaScriptはWebサイトやWebアプリに動きを与えます

JavaScriptを使うと本当にすばらしいものを作ることができます。だから、世界中の大手企業がWebサイト上でJavaScriptを使用してユーザーのエクスペリエンスを向上していることも不思議ではありません。

例として、ドラッグ&ドロップなどの多くのユーザーインタラクションを伴うリアルタイムのWebアプリケーションは、本格的なデスクトップアプリの機能性を備えていることを考えてみましょう。あるいは巧みな効果やアニメーションの伴う美しいデザインのLP(ランディングページ)を考えるのもいいでしょう。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy