ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌Vol.2

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌Vol.2

「バンドや音楽に興味があるけど、専門の学校へ進学すべきか、それとも、現実的な道を歩むべきか、悩んでいる…」

 

そんな高校生のために、人気急上昇中の4人組ロックバンドKEYTALKからのメッセージ第二弾。

 

初の横浜アリーナワンマンライブが発表され、ますます注目を集めているKEYTALKは、4人全員が音楽系の大学や専門学校を卒業している。

 

どんな学生時代を過ごし、何を学んだのだろうか?

 

音楽の夢を追いかけたい高校生たちにとって、ヒント満載のインタビュー!

 

高校時代の過ごし方を聞いた第一弾はこちらから

 

音楽大学での出会いがきっかけで4人がひとつになった

 

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌Vol.2

「大好きな音楽を続けていきたい!」と進学したKEYTALKの4人。

 

高校3年の終わりから、ギターの小野武正(おの たけまさ)さんとドラムの八木優樹(やぎ ゆうき)さんは、ボーカル&ベースの首藤義勝(しゅとう よしかつ)さん(当時はベースのみ)をサポートメンバーに加えて、ボーカルを探しながら活動をしていた。

 

そして、小野さんは音楽大学でボーカル&ギターの寺中友将(てらなか ともまさ)さん(通称:巨匠)と出会う。

 

「巨匠とは大学の同じコースでした。

 

実技の授業で一緒に演奏することがあったのですが、めちゃめちゃ歌が上手くて!

 

でも、アコースティックギターの弾き語りをしていたから、ロックバンドには興味ないのかなと思っていたんです」(小野さん)

 

良い声で歌がうまい寺中さんがバンドに入ってくれたら、とひそかにねらいつつ、ライブに誘っていたそう。

 

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌Vol.2

左:ボーカル&ベースの首藤義勝さん   右:ボーカル&ギターの寺中友将さん

 

「2~3回、ライブを観に来てくれたんですが、東京・下北沢の屋根裏というライブハウスで演奏した翌日、巨匠が『おれも、あんな場所で歌ってみてーなー』って」(小野さん)

 

「じゃあ、入ってよ!」

 

と、さっそくスタジオで練習開始。

 

首藤さんも正式メンバーになってもらって、ここで4人がガッツリひとつに!

 

そして、大学1年の10月、KEYTALKの前身バンド・realとして、下北沢の屋根裏で4人そろって初めてのライブをした。

 

100社以上にデモCD-Rを送り、今の事務所の社長と出会った

 

下北沢のライブハウスを中心に活動していたrealは、デモCD-Rを作って、デビューを目指すようになる。

 

「音楽事務所、音楽出版社、レコード会社など、大小、メジャー、インディーズ問わず、自分たちの好きなアーティストがかかわっているところに片っ端からCD-Rを送ったんです。

 

100社以上あったかな。そのうち10社くらいから興味があると連絡がきて、ライブを観てもらったり、直接会って話を聞いたり」(小野さん)

 

各社に送ったCD-Rは首藤さんが録音して作ったもの。

 

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌Vol.2

左:ボーカル&ベースの首藤義勝さん   右:ボーカル&ギターの寺中友将さん

 

「専門学校でレコーディングエンジニアを専攻していたから、学校で学んだ技術が役立ちました。もう、はりきって作りましたよ(笑)」(首藤さん)

 

「大学2年から3年の間は、ライブ活動をしながら、デモCD-Rに興味をもってくれた大人たちとふれあう機会でした。

 

その中で、下北沢に事務所があるマーガレット・ミュージックの社長の古閑 裕さんに出会ったんです。

 

一番最初の頃からライブに来てくれて、何回も話し合いましたが、一番ノリが合うというか、おもしろいなって感じがして。

 

1年くらいアプローチしてくれていた古閑さんのところでやりたいって思ったんです」(小野さん)

 

高校時代から下北沢へのあこがれが強く、下北沢のライブハウスを中心に活動していたこともあり、「下北のインディーズ番長」として知られる古閑さんに運命を感じたのだろう。

 

同社内のレーベル・KOGA RECORDSに所属して、バンド名をKEYTALKに改名。

 

大学4年になる直前の2010年3月にインディーズデビューシングル「KTEP」、7月に1stミニアルバム「TIMES SQUARE」をリリースした。

 

その後、2013年にメジャーデビューするまでには低迷期もあったそう。

 

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy