体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大ヒットグルメを調査!本当に売れている道の駅のパン屋さんはココ!【東海】

大ヒットグルメを調査!本当に売れている道の駅のパン屋さんはココ!【東海】 ミニクロワッサン

おでかけ時についつい寄りがちな道の駅。

なんとなく見かけたら寄るという人も多いと思いますが、今やグルメに温泉にとテーマパーク化し、道の駅を目的に出かける人も多いんだとか。

そこでじゃらんでは東海地方の道の駅にアンケートを行い、実際に売れているご当地グルメを調査!

中でもみんなが大好きな「パン」をピックアップ!

郷土の食をパンに練り込む、挟む、包む…。

様々な工夫を凝らした道の駅で売れているパン&パングルメをご紹介します。

焼きたて、作りたてを食べに出かけてみてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

道の駅 南アルプスむら長谷【長野県伊那市】

上品な甘さとバターの香りにノックアウト!

ミニクロワッサン

ミニクロワッサン 1個54円

1日の最高販売数 数千個

焼き上がれば即完売。毎日60種類も作るパンの中でダントツ人気のクロワッサンは、やや甘くてサクサクッと軽い食感。

買えないことも多いため3日前までに予約がベスト。1つだけ試食OK。

予約ができるので3日前までに連絡を。

コレも売れてます!「アップルパイ 162円」

寒暖差が育む信州伊那谷の甘いリンゴを煮詰めて作るアップルパイ。

パイ生地はサクッ!シナモンがよい脇役に。

アップルパイ

道の駅 南アルプスむら長谷は自然派のお客が通う雑穀レストラン「野のもの」、物産コーナー「ファームはせ」、ベーカリー「パンや」の3軒が集まる道の駅。

山の自然も気持ちがいいですよ。 道の駅 南アルプスむら長谷

TEL/0265-98-2968(パンや)

住所/伊那市長谷非持1400

営業時間/8時~17時30分

定休日/火(施設で異なる)

アクセス/中央道伊那ICより35分

駐車場/95台

「道の駅 南アルプスむら長谷」の詳細はこちら

道の駅 津かわげ【三重県津市】

ご当地ぎょうざを挟んだ人気パン。新作あらわる!

津ぎょうざドッグ

津ぎょうざドッグ 280円

1日の最高販売数600個

直径12cmのご当地グルメ「津ぎょうざ」を、塩バターパンにサンド。

具がしっかりと詰まったジューシーなぎょうざと、パンの甘みがマッチします。

NEWバージョンの津ぎょうざ「エビぷり」と「山の恵み(シカ肉)」各300円も登場。

繁忙期は午前中に買うのがベストです。

コレも売れてます!「しらすピザ 1150円」

バジルソース、チーズ、地元産の釜揚げしらすを生地にのせ、窯で焼き上げます。

しらすはふんわり!塩味が引き立ちます。

しらすピザ 1150円

道の駅 津かわげでは地元の海のもの、山のものが大集合。

地元で揚がった新鮮な魚介は毎日入荷。

名物だけを集めた飲食コーナーでは、パンやスイーツが人気です。

随時、イベントなども開催中。 道の駅 津かわげ

TEL/059-244-2755

住所/津市河芸町三行255-4

営業時間/7時~19時

定休日/なし(臨時休業あり)

アクセス/伊勢道芸濃ICより15分

駐車場/80台

「道の駅 津かわげ」の詳細はこちら

道の駅 にしお岡ノ山【愛知県西尾市】

パンに挟んだ抹茶クリームの味と口溶けが最高!

幻の抹茶クリームパン

幻の抹茶クリームパン 165円(限定50個)

過去の最短販売時間2時間

全国で3割の生産量を誇る西尾抹茶。

この抹茶を生クリーム、カスタード、はちみつに混ぜ、ふんわり焼いたパンの中へ。

なめらかで濃厚な抹茶の風味が口に広がり、ヒットグルメの認定にも納得!

焼き上がりは9時頃なので早めに購入を。

コレも売れてます!「抹茶ソフトクリーム 300円」

1日500個の実績を誇るヒットグルメ。

西尾の抹茶と牛乳で作る、濃厚で味わい深いソフト。

コーンも西尾産です。

抹茶ソフトクリーム

道の駅 にしお岡ノ山は岡崎バイパス沿いにありアクセス便利。

西尾特産の抹茶商品を中心に、スーパーで買えないものや地元の農海産物も揃います。

うなぎ蒲焼きなどの販売も。 道の駅 にしお岡ノ山

TEL/0563-55-5821

住所/西尾市小島町岡ノ山105-57

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。