体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!大分県の人気お土産21選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

ボンディア

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回紹介するのは、別府温泉、湯布院温泉などを擁し屈指の温泉県として知られる大分県。臼杵の石仏、自然豊かな九重など様々な見所があります。ベスト21は南蛮文化に因んだスイーツ、郷土料理やソウルフードのアレンジ、特産品を加工したものなど多彩なラインアップになりました。その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民の声を集めた「お土産ランキング」~

【10位】関あじ最中・関さば最中

関あじ最中・関さば最中 関あじ最中・関さば最中

大分県大分市佐賀関特産の高級魚である関あじ、関さばの形を摸した最中。やや大ぶりなのが関あじ最中で、つぶ餡の中に求肥が入っている。小ぶりの関さば最中はこし餡。明治39年(1906)から4代に渡り佐賀関に店を構える老舗和菓子店によるもので、「餡がとてもおいしい」「佐賀関ならでは」などのクチコミが集まった。 価格:関あじ関さば最中詰合せ(関あじ3 個+ 関さば2 個)1,058円

販売元:御菓子司 高橋水月堂

【8位】とりかわサクサク揚げ

とりかわサクサク揚げ とりかわサクサク揚げ

人気の唐揚げ専門店で一番人気の「塩からあげ」味のスナック。開発に10年の年月をかけ、本物の鶏皮を使い、自社工場で一つ一つ丁寧に作られる。さっくりとした食感で鶏の味がしっかりと生き、おやつにおつまみに、食べ始めると手が止まらない。大分県北部(中津市・宇佐市など)には多くの養鶏場があることから、大分では唐揚げを愛する文化が根付き、多くの唐揚げ専門店が味を競っている。 価格:レギュラー350円(40g)、お土産用700円(80g)

販売元:ポッポおじさんの大分からあげ

【8位】三笠野

三笠野 三笠野

丁寧に焼き上げた小麦粉の生地でこし餡を包んだ三日月形の和菓子で、大分県竹田市の銘菓。奈良の燧焼き(ひうちやき)を模して作ったと言われ、奈良の三笠山と春日野に因んで「三笠野」と名付けられた。「しっとり香ばしい皮となめらかなこし餡のバランスがさすが」「シンプルがいい」など、上品な味わいが人気を集めている。 価格:1,080円(6個)

販売元:但馬屋老舗

【7位】臼杵煎餅・曲(うすきせんべい・まげ)

臼杵煎餅・曲(うすきせんべい・まげ) 臼杵煎餅・曲(うすきせんべい・まげ)

生姜の風味が豊かに香る薄焼きせんべい。曲げて焼いた薄焼きのせんべいに、臼杵産有機生姜と砂糖で作った蜜を、刷毛で一枚一枚丁寧に手塗りしている。約400年前、江戸への参勤交代の非常食が起源とされる伝統銘菓。「生姜の香りがとてもよい」「飽きがこなくておいしい」などのクチコミが寄せられた。 価格:594円(2枚×8袋)、2,376円(2枚×24袋)

販売元:後藤製菓

【6位】謎のとり天せんべい

謎のとり天せんべい

大分県民のソウルフードである鶏の天ぷらをおせんべいに。サクサクと軽い食感で、とり天の味がする。「大人も子どもも楽しめる味」「好奇心をそそるネーミングに、テレビCMが有名」などのクチコミが集まった。大分では当たり前のように食べられているとり天が、実は県外ではあまり知られていないことが「謎」なのかは定かではないが、思わず手に取りたくなるネーミング。 価格:648円(14枚)

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。