体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Sketch vs. Figma」デザインツールとして優れているのはどちらか

本稿は、Smashing Magazineのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、WebデザイナーであるChristian Krammer氏によって投稿されました。

 

UIデザインツールはこれまでにおいてかなりの人気を集めてきました。Affinity Designerや、Gravit、Sketch等の素晴らしいアプリケーションが大きく進化した一方でAdobe XD (Adobe Experience Designの略)やFigma のようなプレイヤーもこのフィールドに参入してきました。

個人的には後者に最も魅力を感じます。Sketchとの類似性から、Figmaも最初の段階から簡単に正しく理解できました。更にFigmaは簡単なファイルの共有やvector networks、「constraints」(レスポンシブデザイン向け)、リアルタイムコラボレーションのような他の使い易い競合相手とは明確に違う独自の個性があります。

この記事ではSketchとFigma 両方のアプリケーションを細部に渡り比較し、それぞれの長所がどのような点かに焦点を当てていきます。

 

Sketchの最大の弱点は常にAppleのエコシステムにロックインされている事です。設計するだけではなく、ファイルを開きチェックするのにもMacが必要です。WindowsやLinux上では全く機能しません。

その為しばらく経つとSketchファイルのスペックを持つ有料のサービスが現れた訳ですが、それにしても厄介で余分な手順です。

上:Sketch  下:Figma

 

これが恐らくFigmaが最初の段階から一線を画す理由の1つです。

すなわち、世界中基本的にどのデバイスでもFigmaはWebブラウザで使うことができます。どのインストールも一切不要です。ただChrome(又はFirefox)を開いてアカウントを作成して設計を開始するだけでいいのです。

私は以前からずっとブラウザベースのツールを躊躇していましたが、Figmaは一瞬で私の懸念を仏拭しました。Figmaは多数の要素を含みながらもSketchと同様高性能です(もし同様でなければFigmaの方がより高性能です)。

WindowsやMac用のFigmaのスタンドアローンデスクトップアプリも入手可能ですが、基本的にそれらはただのブラウザバージョンのラッパーにすぎません。それらはキーボードショートカットにより優れた一方で、常にオンライン上にいなければなりません。

勝者:Figma

理由:プラットフォームに依存しないため

 

ユーザビリティ(特徴的機能とユーザーインターフェース)

基本的に、FigmaはSketchのインブラウザ版と呼ぶのが最も相応しいでしょう。機能はほぼ同じ、インターフェースも似ている、キーボードショートカットでさえもほぼSketchから受け継いでいる。

もし既にSketchを知っていれば、Figmaが2016年の始めにリリースされた時にすぐに簡単に使いこなせるようになったでしょう。

 

Figmaはリリース当初から様々な点において改善され、いくつかの部分ではSketchを上回ってきました。

しかし、プラグインやサードパーティ・ツールとの統合、リアルデータを利用できる機能(Craft Pluginも使用して)など、欠けている機能が未だにいくつかあります。それにも関わらず、この調子で改善が進むとFigmaがSketchに肩を並べるのはもはや時間の問題でしょう。

勝者:引き分け

理由:現時点では大差はありません。しかしSketchの方があなたの仕事を効率化させる要素を持ち合わせています。

 

価格

Sketchは元々新しいバージョーンごとに約99USドルの初回手数料のみで発売されました。しかしやがてこのビジネスモデルは維持不可能だと判明されます。Bohemian Coding社は最近価格を定期購入が必要なモデルに変更しました。99USドルで1年間の無料アップデートが入手できます。

その後はそのまま使い続けることができるか、更に同額を支払うことでまた別の1年アップデートが行えます。

この値上がりは当初不適切なように見受けられましたが、デザイナーとしてあなたのメインツールへの99ドルの価値とは何でしょうか?そうです、大した額ではありません。

Adobe’s Creative Cloud の定期購入よりはまだ安いのです。(又、Sketchは何の問題もなく使い続けることができる一方、Creative Cloud の定期購入を辞めたらどのAdobe CC アプリも使い続けることができなくなります。)

 

当分の間は、Figmaは全ての人が無料で使えるようになっていますが、今年後半には変わってくるでしょう。

きっと定期購入制になり、月額10~15USドルになるでしょう(あくまで私個人の見解ですが)。確かな事は1つあります。それは、Figmaは学生に対して常に無料でしょう。(Sketchが教師と学生に対しリーズナブルなディスカウントを提供しているのと似ています。)

勝者:引き分け

理由:Figmaの価格に関する発表はまだない為

 

コラボレーション機能

Figmaの主な差別化要因は恐らく「マルチプレイヤー」と呼ばれるリアルタイムコラボレーション機能でしょう。その機能を使って他のユーザーと同時に1つのファイルを編集することができるだけでなく、他のユーザーがデザインをいじっているのを見たり、内蔵型のコメント機能を使って変更を知らせることができます。

1つの例として、この同時編集はプレゼンテーションやリモートチームにとって素晴らしく、また関わっている全てユーザーが同じ状態を確認し、意図していなかった上書きを防ぐことができます。

 

Sketchには(プラグインを使用してですら)そのようなコラボレーション機能はありませんし、多分そのような機能がない方がSketchにとってはよいのかもしれません。

なぜなら「このボタンをもっと大きくしよう。ちょっと待てよ、勝手にやっちゃえ!」というような結末をもたらすかもしれないからです。もちろんこれは少し大げさな例です。この機能は多少価値はありますが、事前に特定のルールを決めておかないとリスクがあります。

勝者:Figma

理由:同時に同じファイルを複数の人で共同編集できる為

1 2 3 4 5次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。