体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絡み合ううま味のハーモニー!! 「中華そば ふじの」が提供する至極の一杯とは!?

f:id:bbhotstp:20170321001907j:plain

今回は、新潟市秋葉区という地域にある人気店をご紹介したいと思います。

f:id:bbhotstp:20170321001537j:plain

▲「中華そば ふじの」新津店

各種メニューのクオリティーが高いと評判です。

f:id:bbhotstp:20170321001541j:plain

▲メニュー写真

数ある「ふじの」のメニューの中で、イチオシ看板メニューはこちらです。

f:id:bbhotstp:20170321001547j:plain

▲味噌らーめん(780円)

深みあるうま味とコクがたまりません!

地元新潟市の老舗味噌蔵「峰村醸造」の味噌を使用しており、その味噌の風味とうま味、そこに加わるスープの出汁感、動物系油脂のコクなどが奏でるうま味のハーモニーが食べる人の舌を魅了してくれます。

トッピングとして中央に鎮座するロールチャーシューは柔らかく、しっかりと味が染み込んでいます。

そして、その脇にある肉だんごから、徐々に脂や肉汁が染み出していく事で、食べながら動物系のコクがプラスされていくという味の変化を楽しめます。

f:id:bbhotstp:20170321001557j:plain

多加水でツルツルモチモチ食感の麺がスープとマッチしまくりです!

新潟の寒い冬にピッタリな一品ですね。

もちろん暖かい季節にもおいしくいただけます!

「ふじの」のおいしさの核心に迫る!

そんな「ふじの」の絶品味噌ラーメンは果たしてどのように作られているのでしょうか。

厨房に潜入し、おいしさの核心に迫ってみる事としました。

f:id:bbhotstp:20170321001604j:plain

スープは、ゲンコツ、鶏ガラ、豚足、チャーシュー用の肉、そしてたっぷりの煮干しから出汁を取っています。

煮干しはネットに入れる事で、取り出しやすくし、最適な煮込み時間を保つようにしています。

f:id:bbhotstp:20170321001615j:plain

▲引き上げた煮干しの出汁ガラ

3種のウルメ、平子煮干と多種多様な煮干しを使用しています。

f:id:bbhotstp:20170321001623j:plain

チャーシューは、スープで煮込んだ後、醤油ダレでも煮込む事で、しっかりと味を染み込ませつつ、柔らかく仕上げていきます。

f:id:bbhotstp:20170321001630j:plain

味噌は赤味噌と白味噌の2種をブレンドして使用しています。

こうしたこだわりの仕込みがおいしさを保つ秘訣(ひけつ)となります。

仕込みだけでなく、丁寧な提供作業もおいしさを支えています。

f:id:bbhotstp:20170321001636j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。