ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2タイプあるVRゴーグルはどちらがおすすめ?

2タイプあるVRゴーグルはどちらがおすすめ?

あたかも、コンピュータが作り上げた架空の世界に自分がいるかのような錯覚を起こす。そんな魔法のような出来事を可能にした技術が、バーチャルリアリティの略である「VR」です。そんなVRを思い切り楽しむにはVRゴーグルが必需品。2タイプあるVRゴーグルはどちらがおすすめなのでしょう?

VRゴーグルにスマホを装着する

VRコンテンツはVRゴーグルを用いて体験するタイプがほとんど。スマホやテレビの液晶にはフレームがありますが、VRは360度どこに目線をやってもフレームがありません。360度の映像を見て音を聞くことで、架空の世界に没入できます。

VRで現実が映像世界に入れ替わるポイントは、目線と映像の連動です。下を向くと地面が映り、上を向くと空が映るといった具合に、目線と映像の動きが一致。その動きがスムーズで優れているほど、没入感が高くなるのです。

現在販売されているVRゴーグルは2タイプ。「スマホ内蔵タイプ」と「ディスプレイ内蔵タイプ」です。スマホ内蔵タイプは、手持ちのスマホを装着して使います。ディスプレイ内蔵タイプは、ディスプレイが組み込まれたタイプです。

VRゴーグルでコンテンツが異なる

スマホ内蔵タイプのVRゴーグルはVR映像の処理や傾きの感知をすべてスマホで行うのに対し、ディスプレイ内蔵タイプはPCまたは専用の外部ユニットで行います。そのため、スマホ内蔵タイプよりも高価なぶん、高度なVR体験が可能になるのです。

VRコンテンツに関しては、使用するVRゴーグルによって異なります。スマホ内蔵タイプは、基本的にはApp StoreかGoogle PlayからVR対応アプリをダウンロードすればOKです。ディスプレイ内蔵タイプは専用のソフトのみの対応。そのため、コンテンツの充実度も商品購入の大きな決め手となります。

スマホ内蔵タイプのVRゴーグルは1,000~2,000円ほどで購入できますが、ディスプレイ内蔵タイプは安くても数万円はするもの。まずはスマホをモニター代わりにするスマホ内蔵タイプでVRコンテンツを楽しむのがおすすめです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。