体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たぶん九州一ディープなカレー店!?「マルハバ」の本格派過ぎるビリヤニ【福岡】

f:id:Meshi2_Writer:20170131220433j:plain

古風な街並みとイスラムカルチャー

博多駅からJR線に乗り、北九州方面へ向かって2つ目の駅「箱崎駅」。

箱崎はかつては学生街であり、老舗の喫茶店なども残る風情ある街です。

そんな箱崎の街を歩いていたところ、何やら気になるものが……。

f:id:Meshi2_Writer:20170131220709j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170131214606j:plain

どうやら、モスク(イスラム教の礼拝堂)のようです。

駅から歩いて3分の場所ですが、箱崎にイスラムの文化があったのですね。

さらに、その近くに飲食店らしき建物を発見!

f:id:Meshi2_Writer:20170131222217j:plain

ハラルフード マルハバ!?

f:id:Meshi2_Writer:20170131214746j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170131214809j:plain

とりあえず入ってみると、お米や調味料など食料品を売っているお店のようです。

f:id:Meshi2_Writer:20170131222204j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170131214918j:plain

眺めていると、丁寧で流暢な日本語で迎えてくれたのが、こちらの店主・ジャマルさん。

お店について話してくれました。

「もともと4年前にハラールショップ(イスラム教の中で、食べることが許されている食材を売るお店)としてオープンしました。ですが、仕事の合間に自分が調理したものを食べていたら、それを見ていた日本人のお客さんから「おいしそうだから食べさせてほしい」という声があって評判になり、料理も出すようになりました。そんな経緯で2年前から料理の提供を始めたので、一般的なレストランとは異なります。メニューは2〜4種類だけですが、何が出るのかは日によって変わります(店主・ジャマルさん)」

なるほど。その日の仕入れによってメニューを変えているのですか?

「いえいえ、その日に私が食べたいと思ったものを出しているんですよ。」

すごい! 完全に店主都合で動いてるのですね!

「ハハハ、そうなんです。何が出てくるのか来店してみないとわからないのに、ありがたいことに多くのお客さんに来てもらっています。ただ、人気メニュー「ビリヤニ」はお客さんからの要望もあり、毎週、金土日に出すようにしています。それでも「チキンビリヤニ」なのか「マトン(羊肉)ビリヤニ」にするかはその日の気分ですが。」

メニューはジャマルさん自身が本当に食べたいものしか作らないので、出来合いのものはなく、どの料理も手間がかかったものや品質のいい食材を使ったもの。

牛肉に関しては、ハラール処理された高品質な和牛をわざわざ群馬から仕入れているそうです。

本場の「マトンビリヤニ」に舌鼓

そして、今日のメニューはこちら。

f:id:Meshi2_Writer:20170131214957j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。