体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぬるま湯に浸かってきたゆとり世代のライターが、大分県の温泉に入ったら人生が変わった話

ぬるま湯に浸かってきたゆとり世代のライターが、大分県の温泉に入ったら人生が変わった話

こんにちは、ミカエルです。

これまで「卒業旅行でヨーロッパ行くのって楽しいの?」「台湾の夜市って何があるの?」と、疑い深い系女子代表として様々な疑問を解決するべく旅に出てまいりました。

そして、第3回目となる今回の疑問解決旅のテーマは…

「おんせん県」を名乗る大分県って、どれくらい「おんせん」県なの?

先日、「別府で温泉につかりながら遊べる「湯〜園地」をつくる!」という前代未聞の計画を打ち立てたことでも話題を呼んだ大分県(別府市)。

そんなに温泉が大好きなら、証明してもらおうじゃありませんか。わたしの地元、神奈川県にだって箱根っていう屈指の温泉観光地が2つもあるんですから、負けてはいられません。なんなら大学がある池袋より、熱海のほうが近いですからね。神奈川県民、大分県に宣戦布告であります!!

 

九州近すぎ問題が深刻

さて、鼻息荒いわたしを大分へ連れてってくれるのは、貧乏学生の味方「ジェットスター」さん。成田から大分空港まで片道5,990円〜ですからね。いくらお金がないわたしのような学生だって、6時間バイトすれば大分まで行けます。ちなみに飛行時間はたったの2時間。寝る間もないほどあっという間です。

なお、今回の旅はジェットスターで大分県の大分空港まで行き、その後フェリーで愛媛県まで渡り、愛媛県の松山空港からジェットスターでもどってくる、という旅程になっています。

片道の航空券を購入してフェリーで隣の県に横断って、典型的な国内旅行っぽくないところがいいですね。人と違うことがしたいお年頃のカブレ大学生にはぴったりです。つまり私。

 

大分空港は荷物がお寿司になってでてくる

わたしの荷物かと思ったら、まさかのお寿司でした。大分空港では、名産物の海の幸がターンテーブルに乗って流れてくるんです。衝撃。というわけで、おいしくいただきました。

 

空港の時点で温泉アピールが惜しみない

到着ゲートを出ると、桶のレベルを超えて湯船じゃないかっていうデカさの桶のキャラクターがいます。可愛い。

すぐ側にはなんと無料の足湯…と、フレンドリーな店員さんがこっちをみてます。どうも〜!

この足湯、なんと別府温泉から毎日お湯を運んでいるとか。もちろん源泉掛け流しです。無料なのに大丈夫ですか?贅沢すぎて恐れ多いです。

今日はちょうど足湯入浴舎数3万人達成のセレモニーが行われるらしく、特別にザボン(ブンタンとかボンタンとも呼ばれてる)が投入されていました。ひのきと柑橘系の香りが、最高にリラックスできます。オフィスに「ひのき柑橘アロマ」とか焚くのどうですか?でもそれはそれで永遠のまどろみに落ちていきそうでこわい。

 

湯加減確認ポーズがおかしい

先ほどのフレンドリーなお方はどうやらこの足湯で湯加減調節を担当する湯加減プロらしく、この余裕っぷりでポーズを決めてくださりました。

この足湯で何にびっくりしたかって、ここではストッキングなどで直接湯船に浸かれない人のために、「ビニール袋」を貸し出しているんです。こんな気の利いた配慮ができるって、やっぱりおんせん県ならではじゃないですか?全国の足湯にビニール袋完備してほしい。

入浴者数が3万人を達成したのも、嬉しい心遣いと湯加減プロの確かな腕のおかげですね。おめでとうございます!
■詳細情報
・名称:大分空港足湯
・住所:大分空港内国内線1階到着ロビー
・営業時間:11:00~18:00
・料金:無料
公式サイト

 

「両子寺」の子授け祈願がすごい

まず最初に訪れたのは、国東半島にある「両子寺(ふたごじ)」。大分県国東半島一帯にある寺院群の総称である「六郷満山」のほぼ中央に位置しています。国東半島のドン的な存在だと思います。ちなみにこの「六郷満山」の開山から来年で1300年の節目を迎えるそう。歴史的なドンです。

参道口には、阿吽の形相で構える仁王像が。浅草の「浅草寺」をはじめ、よくみる仁王像は木造のものが多いですが、大分県の宇佐・国東半島は石像文化の宝庫。この両子寺も石造のものなんです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。