体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニューオープン店が続々!抹茶に桜パフェ…春の京都おすすめスイーツ12選

ニューオープン店が続々!抹茶に桜パフェ…春の京都おすすめスイーツ12選 ちょこっとエクレア

春到来!春の息吹を感じる季節がやってきました。

そこで今回は、京都に2016年オープンしたスイーツ店や人気のお店を厳選してご紹介します。

京都限定抹茶スイーツや、春らしいカラフルな京おやつが勢ぞろい。ふわふわパンケーキから濃厚チョコ、新食感の和菓子まで見た目もかわいい和洋スイーツにキュン♪

ぜひ気になる情報をチェックして、旬のグルメなおでかけを満喫してみてはいかがでしょう?

記事配信:じゃらんニュース

1. 幸せのパンケーキ京都店

お茶の風味が豊かなふわふわ生地。

有機抹茶の小倉バターパンケーキ黒蜜添え 有機抹茶の小倉バターパンケーキ黒蜜添え1280円幸せのパンケーキ京都店

京を意識した和テイストの店内。平日の午前中が狙い目!

2016年8月13日open

東京や大阪の人気店が京都にも。じっくり蒸し焼きにしたふわふわ生地に高純度のマヌカハニー使用の発酵バターがとろける幸せのパンケーキ1100円ほか、京都限定の抹茶やほうじ茶を使ったパンケーキも。 幸せのパンケーキ京都店

TEL/075-257-7777

住所/京都市中京区御幸町通蛸薬師上ル伊勢屋町354-1伽羅ビル2階

営業時間/10時~20時30分(LO19時40分)

定休日/不定

アクセス/阪急河原町駅より徒歩5分

駐車場/なし

2. ジャン=ポール・エヴァン 京都店

世界屈指のショコラティエが京都に。

キブネ キブネ674円。ムース生地には一保堂茶舗の抹茶を使用ジャン=ポール・エヴァン 京都店

物販スペースの他に、カフェスペースを併設した店内

2016年10月25日open

パリに本店を持つ、世界的に名高いショコラティエが日本初となる路面店を出店。一保堂茶舗の抹茶を使ったケーキやマカロン、マドレーヌほか、京都店限定の白味噌風味のムース オ ショコラなどを販売。 ジャン=ポール・エヴァン 京都店

TEL/075-708-7333

住所/京都市中京区三条通富小路東入る中之町27

営業時間/10時~20時(LO19時30分)

定休日/不定

アクセス/地下鉄京都市役所前駅より徒歩8分

駐車場/なし

「ジャン=ポール・エヴァン 京都店」の詳細はこちら

3. ダリケー本店

自家焙煎の濃厚チョコレート。

フレッシュチョコレート カカオが香るフレッシュチョコレート8粒入3500円ダリケー本店

甘い香りに包まれる店内。常にお客さんが途絶えない人気店

2016年10月2日リニューアル

京都発の人気ショコラトリーの本店が移転してリニューアルオープン。チョコレートに使用するカカオ豆は、代表自らインドネシアに赴いて直接買い付けた後、店内で自家焙煎。濃厚で風味豊かな味わいが魅力。 ダリケー本店

TEL/075-494-0525

住所/京都市北区紫竹西高縄町72-2(新大宮商店街内)

営業時間/10時~19時(売切れ次第閉店)

定休日/火

アクセス/地下鉄北大路駅より徒歩16分

駐車場/なし

「ダリケー本店」の詳細はこちら

4. うめぞの茶房

口どけの良いオリジナル和菓子。

かざり羹の抹茶350円(左)、紅茶350円(右) かざり羹の抹茶350円(左)、紅茶350円(右)うめぞの茶房

町家を改装した店舗。1階が販売スペース、2階がカフェに

2016年3月24日open

ホットケーキから団子まで、店舗ごとに特色あるメニュー展開の「梅園」の新店。寒天とわらび粉で練り固めた餡のかざり羹は、季節替わり2~3種を含む常時8~10種。やわらかな食感と上品な甘みが魅力。 うめぞの茶房

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。