体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京近郊の週末旅なら熱海がおすすめ!そのワケとは…?【静岡】

1703_kanto_area3_023122

寒ーい冬が終わりを告げ、いよいよ春到来!

この春は、週末を有意義に過ごすために、美しい花と金曜日を楽しむ「花*金」旅はいかが? アクセスの良い熱海なら、仕事終わりに出発してもOK!桜や海幸、海露天を楽しんだり、エステで癒されながら、オンナに磨きをかけたり…。何かとがんばる年度末は、春の息吹からパワーをもらって乗り切ろう♪

記事配信:じゃらんニュース

熱海・金夜発旅のススメ

1.何より近い!

東京駅から東海道本線なら最短1時間35分、新幹線なら最短39分で着いちゃう熱海。仕事終わりにでも行ける身近な温泉地だから、金夜発旅にぴったり!

2.一日たっぷり遊べる!

夜のうちに熱海に着くので、翌朝からたっぷり遊べるのも金夜発旅の魅力。夜は温泉と美味しい食事を満喫して、次の日は花盛りの熱海めぐりを楽しんで。

3.週末が有意義に!

金夜に出発して、土曜には帰宅するスケジュールなら、日曜はゆっくりと家で過ごすことが。遊びも休息もしっかりして、週末を有意義に過ごそう。

「プレミアムフライデー」を楽しもう!

「プレミアムフライデー」

毎月最終金曜日は午後3時をめどに退社して、ちょっと豊かな週末を楽しもうという政府や経団連が推進する「プレミアムフライデー」。ぜひこれを利用して、春の熱海旅を楽しんでみて。

熱海城

お城のお姫様気分で、満開の桜に酔いしれる

熱海城天守閣からは360度パノラマ×桜の絶景が望める 熱海城3月25日(土)からは桜まつりが開催。出店などもあり、にぎやかに 熱海城桜まつり期間中はライトアップされ、キラキラ光る夜景とともに夜桜が堪能できる

熱海の名勝地である錦ヶ浦山頂にそびえ立つ熱海城。約200本のソメイヨシノが咲き誇り、海抜約160mの天守閣から城下に広がる桜を望めば、お姫様気分に。 熱海城(あたみじょう)

TEL/0557-81-6206

住所/静岡県熱海市曽我山1993

営業時間/9時~17時(最終入場16時30分)

定休日/なし

料金/入場料大人900円、小・中学生450円、4~6歳300円

アクセス/JR熱海駅より「遊~湯~バス」19分、熱海城より徒歩すぐ

「熱海城」の詳細はこちら

味里 熱海店

プリプリのイカがたっぷり!網代の新鮮な海幸を堪能あれ。

味里 熱海店名物のイカメンチと新鮮なアジのたたきがついた漁師めし定食(1800円) 味里 熱海店店内は落ち着きのある空間。熱海駅からも歩いて向かうことができる

網代で人気のお店の2号店が熱海エリアに昨年9月にオープン。網代で昔から伝わる郷土料理や新鮮な海幸が味わえる。中でも網代名物でイカだけで作られるイカメンチは必食! 味里(みさと) 熱海店

TEL/0557-82-8220

住所/静岡県熱海市銀座町7-12

営業時間/11時~14時30分(LO14時15分)、17時30分~22時(LO21時15分)

定休日/火

アクセス/JR熱海駅より徒歩12分

「味里 熱海店」の詳細はこちら

起雲閣

優美で気品溢れる邸宅。花と歴史薫る美しさに浸る。

起雲閣市街地とは思えない穏やかな庭園には、マメザクラが美しく咲く 起雲閣約1000坪の広大な庭園が広がる

数々の文豪に愛されてきた名邸。1919年に別荘として開かれ、「熱海の三大別荘」と賞賛された。日本家屋の美しさをとどめた気品溢れる本館や、緑豊かな庭園など見どころはたくさん。 起雲閣(きうんかく)

TEL/0557-86-3101

住所/静岡県熱海市昭和町4-2

営業時間/9時~17時(最終入館16時30分)

定休日/水(祝日の場合は開館)

料金/入館料大人510円、中高生300円

アクセス/JR熱海駅より徒歩20分

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。