ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『3月のライオン』ファン感涙! 将棋のコマや“ふくふくごはん”で作ったピタゴラ装置がスゴ過ぎる動画『今日を愛する。ツナガルムービー』[PR]

⑧ ⑨

動画の中では優しくてあたたかな“ふくふくごはん”達がズラリ!

⑤

ひなちゃんが作った巨大おにぎりも出て来ますので、お見逃しなく。『3月のライオン』って読んでも観てもお腹がすくけど、この動画もたまらなく美味しそうです。

21

ピタゴラ装置のドミノには将棋のコマだけではなく、原作コミックや“LION”製品など様々なものが使われていて、パタパタ……と楽しく倒れていきます。最後には零と川本家3姉妹(と猫たち)の大きなイラストが登場! 見ているこちらも思わず拍手しちゃうクオリティです。

ピタゴラ装置の総製作時間は462時間! メイキングにもご注目を

⑪

ここまで『3月のライオン』ファンにはたまらない小ネタの数々をご紹介してきましたが、家中を駆け巡るピタゴラ装置って作るのめちゃくちゃ大変そうじゃないですか……? 今回のムービーで制作されたピタゴラ装置は全17個のセクション構成になっていて、約2か月間、合計制作時間462時間を注ぎ込んだそう。失敗した事もたくさんあったでしょう。いや~、お疲れさまでした!

⑩

映像に使用される装置や小道具などは、撮影に参加したファンだけでなく、“LION”の社員、ムービー制作にたずさわった全てのファンの手作業によって制作。ムービー及び特設サイトでは、ピタゴラ装置のセットを実際に制作している様子や、ファン一同が原作者の羽海野チカ先生へプレゼントするアルバムをみんなで 作成する様子など、ムービー制作の舞台裏を覗くことができます。こちらにも注目してくださいね。

「なぜか涙が止まらない」「鳥肌たちました!」原作ファンを中心にネットで大反響

このコラボ動画が16日朝に公開されると、ネット上では様々な反響が。原作者の羽海野チカ先生も「漫画を描いていると机しか見えなくなって、窓の外にも世界があるのがわからなくなるんですが、このムービーを見て、私のやっていることは外に繋がってるんだって…」と感激のツイートを投稿しています。

羽海野チカ:アニメは土曜日* (@CHICAUMINO)
何度見ても、嬉しくて、生まれたばかりの友達の赤ちゃんを見たみたいな顔になってしまいます…。漫画を描いていると机しか見えなくなって、窓の外にも世界があるのがわからなくなるんですが、このムービーを見て、私のやっていることは外に繋がってるんだって…

もちろん、原作ファンによるコメントも『Twitter』上でたくさん発見。

・ツナガルムービー見て泣きそうになってる。ほんわかじーんと。
・なぜか涙が止まらなくなった。
・家族だったり友人だったりライバルだったり、繋がるってこういう事なんだと気持ちがゆさぶられました。
・鳥肌止まりませんでした! 大好きな3月のライオンがいっぱいつまっていて最高の出来でした♪
・スタッフさん達にお礼が言いたいです。ありがとう。
・またその先が見たくなる希望につながるような作品ですね。

などと、絶賛の声が相次ぎ、皆さんそれぞれに動画を楽しんでいる様です。小ネタが本当に多くて、この記事で紹介していないポイントもまだまだあるので、何度も観て自分で探してみてくださいね!

今日を愛する。ツナガルムービー
http://3lion-lion.com/movie

前のページ 1 2
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき