ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ジュネーブモーターショー2017】フェラーリ812にウラカン新型を直撃! さらにはイタルデザイン初のマシンも!

ランボルギーニの目玉『ウラカン ペルフォマンテ』

gimsspc34

ランボルギーニの目玉は何と言ってもウラカンの新型、『ウラカン・ペルフォマンテ』(Huracan Performante)です。事前の期待値が大きかっただけに、この見事なオレンジ色で染められた新型ウラカンを見ようと、多くの人が駆けつけていました。

gimsspc43

大きなアップグレードポイントとなったリア周り。『Aerodinamica Lamborghini Attiva』(ALA)と呼ばれる新しい空力技術の適用により、ウラカン・ペルフォマンテは驚異的な走行性能を獲得しました。ドア下部には「特別なマシン」であることを示す、イタリアのトリコローレ。

gimsspc40

ALAにより、フロントのディフューザーが可動し高度なドライビングパフォーマンスを発揮します。

gimsspc37 gimsspc36

搭載されたV10エンジンは8000回転で最高出力640馬力にも及び、ニュルブルクリンクで6分52秒01という量産モデルの最速記録を更新しています。

gimsspc1

ランボルギーニ『ウラカン・ペルフォマンテ』(YouTube)
https://youtu.be/i7NBVNrJrTo

イタルデザインが贈るスーパーカー『ゼロウノ』

gimsspc8

イタリアの著名な工業デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロが創業したデザイン会社『イタルデザイン・ジウジアーロ』。そのイタルデザインが新たに立ち上げた車ブランド『イタルデザイン・オートモビリ・スペチアーリ』が初めて世に送り出すスーパーカーが、この『ZEROUNO』(ゼロウノ)です。イタルデザインはフォルクスワーゲン・グループに所属する為、アウディR8と同じV10エンジンを搭載し、同じくランボルギーニ・ウラカンと同等のプラットフォームを使用します。さらに、このマシンはたった5台限定の生産となっており、その価格も130万ポンド(約1億8200万円)と超高額のまさにハイパーマシンです。

gimsspc6

特筆すべきは空力を極限まで意識した外見です。車体には無数のフィンや過激なディフューザーが随所に施されており、今回のモーターショーの中でも特に複雑な形状をしていました。フェラーリ812やウラカン・ペルフォマンテと異なり、事前情報が少なかったこの『ゼロウノ』。ある意味その外見からか、このショーで最も目立った車であったと言えるかも知れません。

gimsspc12 gimsspc10 gimsspc9 gimsspc7

Italdesign Zerouno : Geneva Motor Show 2017(YouTube)
https://youtu.be/DApc5hgOD0Y

前のページ 1 2
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき