ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スティーヴン・スピルバーグ、トム・ハンクス、メリル・ストリープがペンタゴン・ペーパーズの映画でチームを組む

スティーヴン・スピルバーグ、トム・ハンクス、メリル・ストリープが、ワシントン・ポストが1971年に出版したペンタゴン・ペーパーズを中心とする映画『The Post(原題)』でチームを組む。複数の情報筋が、本紙ヴァラエティに話した。

スピルバーグが監督し、ハンクスとストリープが出演する。昨秋、エイミー・パスカルが率いるパスカル・ピクチャーズがリズ・ハナーから企画を購入した。パスカルとスピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガーがプロデュースし、レイチェル・オコーナーがスター・スロワー・エンターテイメントのティム・ホワイトとトレヴァー・ホワイト、そしてアダム・ソムナーと共にエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

米20世紀FOXとアンブリン・エンターテイメントが共同出資し、FOXが米国内、アンブリンが海外の配給を行う。

ペンタゴン・ペーパーズの発行に際しては、ワシントン・ポストの編集者であるベン・ブラッドリーと発行人ケイ・グラハムが記事掲載の権利について米国連邦政府と争い、メディアで大きく取り上げられた。

ハンクスはブラッドリー役、ストリープはグラハム役を演じる。2人はCAAと代理人契約を結んでいる。ストリープは映画『マダム・フローレンス!夢見るふたり』の演技でアカデミー賞に20度目のノミネーションを果たし、ハンクスも映画『ハドソン川の奇跡』で高い評価を受けている。

スピルバーグは現在、米ワーナー・ブラザースの映画『Ready Player One(原題)』でポスト・プロダクションを手掛けていると同時に、マーク・ライランスとオスカー・アイザックが出演する映画『The Kidnapping of Edgardo Mortara(原題)』のプリ・プロダクションに入っている。

このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy