ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!鳥取県の人気お土産14選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

ふろしきまんじゅう

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回紹介するランキングは、観光可能な日本最大の砂丘・鳥取砂丘をはじめ、蒜山高原、大山など豊かな自然に触れられる場所が点在する鳥取県。ベスト10は地元菓子店が作るご当地スイーツが多数を占めたほか、鳥取独特のちくわ文化に因んだものもランクインしました。その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!さっそくチェック!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民の声を集めた「お土産ランキング」~

【10位】ラクダの足あと

ラクダの足あと ラクダの足あと

鳥取市の人気ケーキ屋さんが作るラスク。ラスク専用のフランスパンをスライスし、香ばしく焼いている。カリッとした食感、バターの香り、適度な甘さが絶妙で、ついつい後をひく。「ラクダの足あと」は、言わずと知れた鳥取砂丘にちなんだ名前で、こんがり焼けたビジュアルも、確かにラクダ! 価格:2,160円(2枚×20袋)

販売元:パンドラの箱

【9位】妖菓 目玉おやじ

妖菓 目玉おやじ 妖菓 目玉おやじ

山陰の老舗和菓子店・彩雲堂が細部までこだわって作る、目玉おやじ型の上生菓子。十勝産の小豆を使った栗入りのこし餡を練り切りで包み、目玉の赤と黒の部分は羊羹。鳥取県堺港市の水木しげるロードにある妖怪食品研究所でしか手に入らない。写真を撮ったり食べ歩きが楽しいが、インパクトのある見た目と裏腹に上品で完成された味わいは、抹茶とともにいただきたいほどの逸品。箱入りもあり(2個入り700円、ほか)。 価格:食べ歩き用350円(1本)

販売元:妖怪食品研究所

【8位】八頭ばうむ~いち輪~

八頭ばうむ~いち輪~ 八頭ばうむ~いち輪~

表面はカリッと香ばしく、中はもっちりの食感がクセになるバームクーヘン。封を切ると、発酵バターの芳醇な香りが漂い、噛むと卵の豊かな風味が感じられる。八頭(やず)は、大江ノ郷自然牧場がある場所の地名で「とにかく美味しい」「大江ノ郷の卵が使ってあればまず間違いない」「ここのお菓子は全部おすすめ」など熱烈なファンの声が見られた。 価格:1,512円(直径13cm×高さ4cm1個)

販売元:大江ノ郷自然牧場

【7位】山陰の梨ゴーフレット

山陰の梨ゴーフレット

特産品の二十世紀梨をクリームに練り込み、ゴーフレット生地で挟んだ洋風せんべい。さっくりゴーフレットに、ほのかにグリーンで梨風味のクリームがマッチし、誰にでも好かれる安心感のある味わい。個包装のパッケージに描かれた梨が存在感ばっちりで、ご当地感がしっかりと伝わるのもお土産向きだ。 価格:540円(10枚)

販売元:寿製菓

【6位】大風呂敷

大風呂敷 大風呂敷

柔らかなきな粉餅に鳥取名産の二十世紀梨で作った特製の「梨みつ」をかけていただく餅菓子。鳥取県では昔、結婚などの慶事の際、家紋の入った大風呂敷に祝いの品を包む風習があったが、その風習に因み、お土産ものとして縁起がいいようにと名づけられた。

「蜜ときな粉の相性最高」「包装が風呂敷でかわいい」などもコメントが寄せられている。 価格:1,080円(10個)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy