体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケータイのプロに聞いてみた! 「auおもいでケータイグランプリ」大予想!!

articleTalkThumbs[‘1’] = ‘img001.png’;
articleTalkThumbs[‘2’] = ‘img002.png’;
articleTalkThumbs[‘3’] = ‘img003.png’;
articleTalkThumbs[‘4’] = ‘img004.png’;
articleTalkThumbs[‘5’] = ‘img005.png’;
articleTalkThumbs[‘6’] = ‘img006.png’;
articleTalkThumbs[‘7’] = ‘img007.png’;
articleTalkThumbs[‘8’] = ‘img008.png’;
articleTalkThumbs[‘9’] = ‘img009.png’;
articleTalkThumbs[’10’] = ‘img010.png’;
articleTalkThumbs[’11’] = ‘img011.png’;
articleTalkThumbs[’12’] = ‘img012.png’;
articleTalkThumbs[’13’] = ‘img013.png’;

TIME&SPACEでは、3月21日(火)13時まで、「auおもいでケータイグランプリ」を開催しています! これまで発表されたauケータイ713モデルのなかから、あなたにとっての「おもいでケータイ」を投票してもらい、グランプリを決めようという企画です。投票していただいた方のなかから抽選で、「”超”ケータイお役立ちグッズ」をプレゼントします!

このお役立ちグッズは、グランプリに輝いたケータイをモチーフにして作られるもの。つまり、自分の思い出のケータイが、モバイルバッテリーやポータブルスピーカーとなって「復活」するかもしれないんです!

「”超”ケータイお役立ちグッズ」についての紹介記事はコチラ

投票はこちら! 『auおもいでケータイグランプリ』

一体どのケータイがグランプリに輝くのか、TIME&SPACEとしても興味津々です。そこで今回は、ケータイと関わりの深い方々に「予想屋」となってもらい、グランプリ発表に先立ってどのケータイがグランプリになるのか予想してもらいました!

ケータイの猛者たちはどのauケータイを選ぶ?

まずはIT系メディアの編集長やメディアで活躍するケータイライターの方々に予想してもらいました。さまざまなケータイを知り尽くした「ケータイの猛者」たちは、一体どんな機種を選ぶのでしょうか?

6「アスキー編集部 編集長 宮野友彦さん

本命はW44S。縦にも横にも開くこのカタチが新しいうえに、高画質・大画面で即購入しました。ワンセグを見ながらハンバーガーを食べていたのを覚えております。対抗はCyber-shot ™ ケータイ W61S。カメラ好きとしては買うしかなかった、光学3倍ズームカメラを搭載したモデル。スライドするのもキモチよかったです。大穴はHP-501。ハリウッドの映画でアメリカ人がみんなコレをベルトにつけたホルスターに入れていて超あこがれた。日本はまだショルダーだったような気がする」

7「Engadget 日本版 編集長 矢崎飛鳥さん

本命はiPhone 5。テザリング解禁スクープを日本で最初に出すことができ、記者冥利に尽きます。個人的に思い出の1台。対抗はINFOBAR。ストレート携帯が市場からほぼ消滅し、ストレート派にとって救いの手のようでした。大穴はIS01。auからついにAndroidスマホ!? → ワクワク! → コレじゃないヽ(`Д´#)ノ ・・・・・・が忘れられません」

8「ケータイ Watch 編集長 湯野康隆さん

本命はMobile Hi-Vision CAM Wooo。機構の再現が難しそう。対抗はAQUOSケータイ W51SH。同じく機構再現の難易度が高い。大穴はFx0。スケルトンボディをどう表現するのか期待」

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。