ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水溜りボンド・インタビュー 卒業後の進路はどうする?動画コンテンツの未来とは

水溜りボンド・インタビュー 卒業後の進路はどうする?動画コンテンツの未来とは アイキャッチ_水溜りボンドインタビュー 水溜りボンドインタビュー_01

大学生コンビのYouTuber「水溜りボンド」のカンタさんとトミーさん。日常で気になったことを検証してみたりドッキリに挑戦するなど体当たりの動画が人気を集め、現在ではチャンネル登録者数140万人を超えるほど。おふたりに卒業後の進路や今後のYouTuberのあり方についてうかがいました。

 

素の状態の面白さを伝えたくて始めた動画投稿

水溜りボンドインタビュー_02

――YouTuberとして活動を始めたきっかけを教えてください。

カンタさん

カンタさん:大学ではたくさんのことに挑戦したいと思っていて、いろいろなサークルに顔を出したり、自分でサークル作ったりしていたんです。そんななかで、友達に誘われたのをきっかけにお笑いサークルに入りました。そこで出会ったのがトミーですね。

 

トミーさん

トミーさん:最初は普通にネタを作ってライブに出ていました。ただ、決められたネタをやるよりも、ふたりが素の状態でしゃべっているほうが自分たちの面白いと思うものを表現できている気がしていて。その空気感が伝わればと思い、動画を投稿しはじめたのがきっかけです。もともとカンタが映像系の学部だったというのもあって、自分たちがやりたいこととうまく噛み合いましたね。

 

応援してくれている人に楽しんでもらえるよう進化したい

水溜りボンドインタビュー_03

――多くの人に動画を見てもらうようになって、周囲の反応など変わったことはありましたか?

カンタさん

カンタさん:周囲の人たちも温かく見守ってくれているし、動画の内容もとくに変わったことはないですね。逆に「変わったね」と言われるのは少しさみしかったりもします。

 

トミーさん

トミーさん:変わるというよりも、進化したいですよね。今よりももっと面白いものを作っていきたいし、成長していきたい。だけど、自分たちらしさは忘れずに大事にして、根元の部分は変わらないというか。新しいファンの人たちを増やすよりも、今自分たちのことを応援してくれている人に楽しんでもらえるような動画を作っていきたいんです。

 

カンタさん

カンタさん:昔よりも自分たちの動画を待ってくれる人のために頑張ろうという責任感は出てきましたかね。それはプレッシャーとはまた違って、純粋に楽しませたいという思いからきています。実際にやっていることはくだらないことなんですけどね。ものすごくでかいスーパーボールを作ってみたりとか(笑)。

 

 

トミーさん

トミーさん:あのときは自宅にエレベーターがなくて、80キロぐらいあるようなスーパーボールの塊を階段で運びました。誰かに見つかったら通報されるだろっていうレベル(笑)。でも自分たちでやっていて楽しいし、みんなに見せたいからという使命感で運びましたから。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy