体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代に増える「スマホ老眼」 最新調査と4つの疲れ目解消法

20代に増える「スマホ老眼」 最新調査と4つの疲れ目解消法
スマホ、パソコンの普及により、とても便利な世の中になりましたが。心配なのが目への影響。

近年では若者の間でスマホ長時間使用によって引き起こされる、スマホ老眼に悩む方も多いと言われています。

今回はスマホ世代に増えている 「スマホ老眼」などの疲れ目に関する最新調査と、自分でできる疲れ目の改善方法などを解説いたします。

最新の疲れ目に関する調査

20代に増える「スマホ老眼」 最新調査と4つの疲れ目解消法

疲れ目の原因

・1位:パソコン、スマホを利用すること

・2位:老眼の影響

・3位:睡眠不足

・4位:デスクワーク(パソコンを使用しない)

・5位:コンタクトレンズ

※解答者:20代~60代の男女8,625名

疲れ目の症状

・1位:目がしょぼしょぼする

・2位:目が乾く

・3位:目がかすむ

・4位:肩がこる

・5位:目が重く感じる

※解答者:20代~40代の男女10,061名

1日のスマホの使用時間

・1位:1~3時間

・2位:1時間未満

・3位:3~5時間

・4位:5~7時間

・5位:普段使っていない

※解答者:20代~60代の男女643名

どの世代も疲れ目の原因1位は「パソコンやスマホ」

20代から40代の方で疲れ目の原因を「パソコンやスマホ」と答える割合が最も多く、目の渇きや、かすみに悩むケースが見られました。

その中で、1日平均で1時間以上スマホの画面を見続ける人も多くみられ、全体の2割はスマホを5時間近くも使用している傾向があります。

50代からは疲れ目の原因を老眼と答えるといった割合が増加しておりますが、それでも疲れ目の原因の1位は、どの世代も「パソコンやスマホ」でした。

《参照》

・スマホ世代に増える 「スマホ老眼」 (株式会社ファンケル)

スマホ老眼とは

20代に増える「スマホ老眼」 最新調査と4つの疲れ目解消法
年齢を重ねることによって、目の調節機能によりピント調節できる範囲が狭くなる状態を老眼と呼びます。

原因として、加齢による水晶体の弾力性が低下、毛様体筋が衰えるなどが挙げられ、一般的には40歳前後から始まるといわれております。

しかし、近年では若者の間でもスマホを近距離で長時間見続けることによって、毛様体筋が凝ってしまい、ピント調節ができなくなるなどの老眼と似た症状が現れる傾向があります。

上記のような症状をいわゆる「スマホ老眼」と呼び、肩こりや頭痛なども出てくることがあります。

ブルーライトでさらに目にダメージが

パソコンやスマートフォンなどから発せられる光の中には、紫外線にかなり近い波長を持つブルーライトが含まれております。

ブルーライトを目に浴びることによって、角膜・網膜に大きなダメージを与え、これも視力低下、疲れ目の要因にもなります。

スマホ老眼を自分で改善する4つの方法

20代に増える「スマホ老眼」 最新調査と4つの疲れ目解消法

ストレッチ

長時間同じ姿勢でスマホを使うのも、目にも体にも大きな負担を与えます。

休憩時には伸びをしたり、肩を回すなどのストレッチを行いましょう。

目を温める

目の疲れの原因に、眼球周辺の血行不良も考えられます。血行は温めることでよくすることができます。

目が疲れたら、適当な温度の蒸しタオルを3分程度目の上に乗せておき、目は閉じておきましょう。

点眼をする

乾燥も目にダメージを与えます。普段から目の乾燥を防ぐようにしてください。

疲れを感じたら目薬を使用し、悪化しないようケアすることが大切で、ビタミンB6、ビタミンB12など、目の組織代謝や毛様体の動きを活発にする成分が入った目薬を選ぶと良いでしょう。

目を閉じる

実は目を閉じるだけで、毛様体筋など目の筋肉が休まる効果があります。また、視覚情報をなくすことができるので脳を休めることもできます。

数十秒~数分程度目を閉じるだけで、目の疲れを大幅に回復させることもありますので、一度試してみてください。

スマホ老眼を予防するスマホの使い方

20代に増える「スマホ老眼」 最新調査と4つの疲れ目解消法

長時間スマホ見続けない

スマホを何時間も見続けることは避け、時々スマホから目を離したり、目が疲れたら遠くを見るようにしたりすると、ピントが調整できます。

1時間ごとに15分の休憩をとるのが理想です。

目から遠ざけてスマホを使用する

目の前にスマホを置かず、できるだけ手を延ばすなど、スマートフォンを目から遠くに置くことも有効です。

近くと遠くを交互に見るような目の体操もおすすめです。

ディスプレイの明るさを下げる

明るさを下げることで、ブルーライトの発光量も下げることができ、目への刺激はかなり少なくなります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。