体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3月10日は砂糖の日!あま~いスイーツドライブはいかが?【九州】

肥後俵屋

3月10日は「砂糖の日」。「さ(3)とう(10)」の語呂合わせで、お砂糖の優れた栄養価を見直す日なんだとか。

そこで今回は、あま~いスイーツを巡るスイーツ三昧コースをご紹介。

極上フルーツを豪快に使用するパフェや朝搾りのミルクで作る感動アイス、伝統菓子が進化したイマドキスイーツなど気になる情報が盛りだくさん。

ぜひチェックして、おでかけの参考にしてみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

伝統の逸品から新作までシュガーロードの名物たち【佐賀県小城市~白石町】

鎖国時代にもたらされた砂糖文化が今も息づくシュガーロードこと、長崎街道。その宿場町で楽しむ3つのスイーツ。新旧さまざまにそろい踏み。

菓子工房 ふるーる

ふわっと口どけ感が秀逸、羊羹の町のもう一つの名物。

牛津ロール 1本800円~

純生、チョコ、抹茶、チーズの全4種。甘さ控えめ

菓子工房 ふるーる 菓子工房 ふるーる 菓子工房 ふるーる 菓子工房 ふるーる 菓子工房 ふるーる 菓子工房 ふるーる菓子工房 ふるーる 牛津高校の向かい。厳選素材で丁寧に作るスイーツが揃う

羊羹の町、小城っ子が愛する町のケーキ屋さん。創業時から変わらない人気を誇るのが「牛津ロール」。ずっしり太い見た目とは裏腹に、ふんわりやさしい口どけ。4種が揃うなかでも、スフレ生地を使った「チーズ」ファンが多い。

菓子工房 ふるーる

TEL/0952-66-5955

住所/佐賀県小城市牛津町牛津801

営業時間/9時~19時

定休日/火

アクセス/長崎道佐賀大和ICより25分

駐車場/なし(商店街共同駐車場利用)

村岡総本舗 本店

小城(おぎ)羊羹の老舗が贈る桜色に染まる春羊羹。

おぎおんさん 5個入り648円

村岡総本舗 本店 ハート型にもみえるひと口サイズの羊羹。販売は7月まで 村岡総本舗 本店 小城羊羹の歴史が学べる資料館を併設(入館無料)

小城羊羹初祖といわれる創業明治32年(1899)の老舗。表面が糖化したシャリッと感が特徴の特製切り羊羹が看板商品。今なら「おぎおんさん」も要チェック。北海道産大手亡豆を桜色に染めた、やさしい味わいの逸品。

村岡総本舗 本店

TEL/0952-72-2131

住所/佐賀県小城市小城町861

営業時間/8時~20時(資料館は~17時)

定休日/なし

アクセス/長崎道佐賀大和ICより15分

駐車場/10台

「村岡総本舗 本店」の詳細はこちら

パティスリー かりん亭

佐賀マダム御用達の人気店。新作は爽やかチーズタルト。

タルト オンザ チーズ 1個226円

パティスリー かりん亭 サクッとしたタルトにふわふわ軽いレアチーズ仕立てのクリームがたっぷり パティスリー かりん亭 カフェでは、有田焼のオリジナルプレートで提供される

佐賀市内から30分かけて訪れる佐賀マダムも珍しくない人気店。ショーケースに並ぶ30種以上のケーキは田園を望むカフェでイートイン可能。3種のクリームチーズをブレンドして作る新作タルトはおみやげにも。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。