体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピクニックデートにぴったり!都内のおしゃれテイクアウトフード10選

ピクニックデートにぴったり!都内のおしゃれテイクアウトフード10選 ハンバーガー

暖かくなってきて、いよいよ春を感じるようになりました。開放的な気分でピクニックデートをするのにいい時期ですね。ピクニックといえばお弁当。でも、本当はバスケットケースに手作りのお弁当を入れて持っていきたいところだけど、「忙しくて作る時間が無い」「料理がニガテだから…」という人もいることでしょう。

そこでオススメしたいのが「テイクアウトフード」。今日の記事では、見た目もおしゃれで美味しいテイクアウトフードを、近くの人気ピクニックスポットとあわせて紹介します。

井の頭恩賜公園でピクニックデートする時のオススメテイクアウトフード

まずは定番のピクニックスポット「井の頭恩賜公園」周辺のお店を紹介します。

ローズベーカリー 吉祥寺

ローズベーカリー 吉祥寺

内容充実のピクニックボックス

新鮮な野菜や穀物などにこだわり、素材の持ち味を引き出すシンプルでナチュラルな料理と、オリジナルの英国菓子を提供しているお店。写真のピクニックボックスは、メインの他デリ3種に野菜のキッシュ、カンパーニュ、ミニデザートと盛りだくさん!まさにピクニックデート向きですね。

店舗は、近くに井の頭公園がある事からグリーンを多くあしらい、自然の中で食事を楽しめる雰囲気なので、店内で食事をするのもオススメです。 ローズベーカリー 吉祥寺

TEL/0422-22-1506

住所/東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1F

営業時間/平日 8:00-22:00、土日祝 9:00-22:00

定休日/不定休(アトレに準ずる)

アクセス/①JR中央線吉祥寺駅より徒歩0分②京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩0分

「ローズベーカリー 吉祥寺」の詳細はこちら

Village Vanguard DINER 吉祥寺

Village Vanguard DINER 吉祥寺

口の中でとろける味わいが魅力!

「ハンバーガーと音楽」をコンセプトにした店内は遊び心をくすぐりながらも、くつろいで食事を楽しめる大人の空間。その店舗コンセプトと同じく、大人の食事としてのハンバーガーを堪能できます。

写真は「米なすバーガー」。素揚げした米なすがアツアツで、特製ソース(ごまと豆板醤ベース)の相性が抜群!パティは細切肉と極粗挽き肉を独自の比率でブレンドした100%ビーフと、素材にこだわった逸品です。ボリュームたっぷりなので、たくさん食べる彼もきっと満足できちゃいます! Village Vanguard DINER 吉祥寺(ヴィレッジヴァンガードダイナー キチジョウジ)

TEL/0422-22-1003

住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町2-20-1TYビル2F

営業時間/平日11:30-24:00、土日祝11:00-24:00

定休日/元旦

アクセス/JR中央線吉祥寺駅より徒歩10分

「Village Vanguard DINER 吉祥寺」の詳細はこちら

chai break

chai break

マフィンなどのお菓子もテイクアウト可能!

オススメは茶葉にこだわった「チャイ」。インドやスリランカの茶園で、現地の生産者と直接会話し、天候まで考えて茶園の「トップクオリティ」の茶葉のみを採用しているほどのこだわりです。決して気取らず、日常の中で楽しめるものを提供することを心がけている当店だからこそ、ピクニックにぴったりのドリンクやフードが揃っています。フードは軽食がメインなので、手作りのお弁当や他のフードにプラスアルファが欲しい時はぜひ。

店内も気軽に入れる雰囲気で、「丁寧であること」にこだわった接客は居心地バツグン!ピクニックデート帰りに寄っても素敵な時間を過ごせますよ。 chai break(チャイブレイク)

TEL/0422-79-9071

住所/東京都武蔵野市御殿山1-3-2

営業時間/平日9:00-19:00、土日祝8:00-19:00

定休日/火曜日

アクセス/JR中央線吉祥寺駅より徒歩5分

「chai break」の詳細はこちら

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13204ah3332024123/photo/

徳川家康は家臣の大久保忠行に命じ、江戸の飲料水を確保することを計画。水源を井の頭池とし、善福寺池や妙正寺池の水も併せて神田駿河台まで引こうとした。これが神田上水である。天正18(1590)年ころ着手し、慶長年間(1596-1614年)に日本最初の上水道としてほぼ完成。後の玉川上水とともに江戸時代の2大上水となった。井の頭池の東端には、取入口である石門が残る。

一方、周辺の林は幕府の御用林として保護されていた。明治維新後、民間所有をへて東京府が買い上げ、明治22(1889)年宮内省の御用林となる。大正2(1913)年帝室御料地から東京市に下賜、大正6(1917)年恩賜公園となり、日本初の郊外公園として一般公開された。現在の開園面積は387,773平方メートル、うち池は43,000平方メートルほどである。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。