体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

INFOBARだけじゃない! トランスフォーマーの華麗なるコラボ8選

現在、「au×TRANSFOMERS」として、デザインケータイ「INFOBAR」とのコラボレーションプロジェクトを展開中のトランスフォーマー。30年以上の歴史を持つ日本発のシリーズで、ご存知のようにハリウッドで映画化もされ、世界中でブームとなっている。

「INFOBAR」がトランスフォーマーに! 超コラボプロジェクト、スタート!

さて、トランスフォーマーといえば、欠かすことができないのが日本版では「コンボイ」、ハリウッド版では「オプティマス・プライム」と呼ばれている司令官の存在だ。彼は、正義の軍団「サイバトロン」のリーダーであり、シリーズを通して部下からの信頼が厚く、任務に忠実で真面目な性格として知られている。時にはその真面目さが災いして空回りしてしまったりと、ただ真面目なだけではない、愛すべきキャラクターでもある。

そんな彼は現実世界でも、正義のためにあらゆる任務をこなすのである。

トランスフォーマーはこれまで「コラボレーション」という名のミッションを数多くこなしている。ミッキーマウスやナイキのスニーカー、ときにはベースボールキャップにも自在にトランスフォーム! 一体それらがどうやって変形するのかも気になるところだ。

今回は、司令官コンボイ(オプティマス・プライム)たちがこれまで遂行してきた華麗なるコラボレーションのなかから厳選した8作品をご紹介しよう。

こんなものまで!? トランスフォーマーの代表的コラボレーション

①本物のペプシが積めます。「ペプシコンボイ」/2005年

まずはペプシコンボイ。実は海外キャンペーンや限定モデルとして度々登場している。ペプシコラボの共通点は、ペプシコーラペットボトルや缶がトレーラーと合体できること。合体した様は、コンテナというよりタンクローリーといったイメージ。商品が変形するのではなく、商品を生かしてデザインするお手本のようなコラボだ。

ペプシコンボイ

②スニーカーマニアも垂涎! NIKEスニーカー/2007年

スポーツレーベルとしてタカラトミーから発売された、「TRANSFORMERS SPORTSLABEL CONVOY feat.NIKE FREE7.0」。こちら、サイズ感は子ども向けスニーカーだが、デザインや見た目は、まごうことなきリアルな.NIKE FREE 7.0。側面だけでなく、底部のゴム部分までFREEモデルの特徴的なデザインを再現している。

靴紐をほどいてから変形する機構など芸も細かく、足にスニーカーを履いているなど手に取らないとわからない小ネタも多い本作。さすがコンボイ、任務は完璧にこなしている。

TRANSFORMERS SPORTSLABEL CONVOY feat.NIKE FREE7.0

③かなり実用的! 「デヴァイスレーベル」/2009年

パソコンの小物がトランスフォームしたら面白いのに・・・・・・。そんな妄想をしたことがある人にドンピシャなのが「デヴァイスレーベル」。「Robot in disguise」というタグラインにもとづき、光学式マウスがグリムロックなどの恐竜型ロボットに、USBメモリーはジャガーなどの獣型ロボットに、USBハブはなんと東芝のノートパソコン「ダイナブック」からブロードキャスト(サイバトロンの通信員)に変形する。

これらは、超小型なトランスフォーマーなので、オフィスでも悪目立ちすることはなさそう。そういう意味では今年登場した「au×TRANSFORMERS」のコラボとコンセプトが似ているかも?

デヴァイスレーベル デヴァイスジャガー operating USB MEMORY デヴァイスレーベル デヴァイスグリムロック operating OPTICAL MOUSE

④人気者同士! 「DISNEY LABEL ミッキーマウストレーラー」/2009年

続いてご紹介するのは、”僕らの愉快なリーダー”ことディズニーのミッキーマウスとのコラボ。世界中の子どもたちから人気を集めるキャラクター同士の夢の共演だ。コンボイはもともと大型トレーラーから変形するが、このモデルではデフォルメされた丸っこくて可愛いトレーラーがミッキーマウスにトランスフォームする。小さいミッキーマウスのフィギュアが搭乗している点も芸が細かい! キュートでありながら、ロボットとしての勘所をおさえた名品だ。ちなみに「au×TRANSFORMERS」コラボでも、コンボイ達が持てる超小型のスマホが付いてくる。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。