ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年の国内タブレット出荷台数は773万台、Huaweiのシェアが大幅に拡大(IDC調査)

IDC Japan は 3 月 8 日、2016 年の国内タブレット出荷台数に関する調査結果を公開しました。同社によると、2016 年のタブレット総出荷台数は 773 万台で、2015 年からは 6.9% 減少しました。全体的には減っていますが、家庭向けは 595 万台と前年比 0.7% 増加しています。一方、企業向けは 178 万台と 25.5% も減少しました。メーカー別に見ていくと(括弧内は 2015 年)、トップは Apple 40.9%(40.9%)、2 位は Huawei 21.6%(9.2%)、3 位は Lenovo / NEC 連合 8.5%(6.6%)、4 位は 富士通 6.0%(6.1%)、5 位は ASUS 5.6%(7.1%)でした。Huawei のシェアは 2015 年から大幅に拡大しましたが、Apple のシェアには影響していません。影響が出たのた ASUS や Ohters に含まれるメーカーです。また、ASUS の 2015 年シェアは 3 位でしたが、2016 年は 5 位に転落しています。Source : IDC

■関連記事
LINEモバイル、3月15日より家電量販店の店頭でも申込受付(即日受け渡し)を開始
コンパクトなLG G6の筐体サイズをPixel XLやLG G5と比較
Android 6.0以上の端末で「050plus」が着信しない問題が発生、提供元が回避策を紹介

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。