ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリート・フォクシーズ、待望の新曲解禁&6月にニューALリリース

フリート・フォクシーズ、待望の新曲解禁&6月にニューALリリース

 米インディー・フォーク・バンド、フリート・フォクシーズが約6年ぶりとなる新作『Crack-Up』を2017年6月16日に<ノンサッチ・レコード>からリリースすることが明らかになった。

 2011年の『ヘルプレスネス・ブルーズ』から約6年ぶりとなる新作は、全11曲収録で、ミックスをフィル・エクが担当、メンバーのロビン・ペックノールドとスカイラー・シェルセットが共同プロデューサーを務めている。アートワークには、日本人写真家、濱谷浩の写真が起用されている。
 
 公開された約9分におよぶアルバム収録曲「Third Of May / Odaigahara」は、ピアノ、12弦ギター、ストリングスが絡み合う、ドラマチックな展開が印象的なナンバーで、タイトルは日本の大台ヶ原山からとられたもの。リリック・ビデオは、ロビンの兄ショーンとアディ・グッドリッチが手掛けている。

◎「Third Of May / Odaigahara」リリック・ビデオ
https://youtu.be/6GqgNebPm50

◎『Crack-Up』トラックリスト
01. I Am All That I Need / Arroyo Seco / Thumbprint Scar
02. Cassius, –
03. – Naiads, Cassadies
04. Kept Woman
05. Third of May / Odaigahara
06. If You Need To, Keep Time on Me
07. Mearcstapa
08. On Another Ocean (January / June)
09. Fool’s Errand
10. I Should See Memphis
11. Crack-Up

◎リリース情報
『Crack-Up』
フリート・フォクシーズ
2017/6/16 RELEASE
https://goo.gl/xutmCT

関連記事リンク(外部サイト)

元フリート・フォクシーズ、ファーザー・ジョン・ミスティの新作アルバムに森生き 岡田、カーネーション 直枝らがコメント
リアム・ギャラガー、ソロ・デビュー作のタイトル発表……気になるその内容とは?
ショーン・レノン、故キャリー・フィッシャーと共作したバラードを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。