ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
2017年3月6日(月)「ロイター」において、乳がんと大豆の関連性に関する最新の研究内容が公開されました。

以前から大豆に含まれるイソフラボンには様々な健康効果があるとされていましたが、乳がんとはどのような関係があるのでしょうか。

今回は大豆と乳がんの研究概要から、大豆の健康効果、その他にも期待されている食事などを医師に解説していただきました。

大豆と乳がんの関連性についての研究

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》

研究背景

大豆を含む食品はイソフラボンという物質を含んでいますが、イソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た作用と、エストロゲンと反対の作用の両方を併せ持っています。

乳がんを患っている女性が大豆食品を食べるべきなのかどうか、というのは結論が定まっていない状態です。特に抗エストロゲン作用のあるホルモン治療をされている方にとっては悩みの種です。

研究内容

そこで、アメリカおよびカナダでは、食事に含まれる大豆イソフラボンの摂取と、全原因での死亡(乳がんが原因での死亡に限らず、全ての死亡原因を合わせたもの)の関連性について、約6000人の乳がんを患っている女性を対象に研究されました。

研究結果

9年半の間経過観察したところ、イソフラボン摂取量が多いグループは、少ないグループに比べ死亡率が21%も低いことが明らかとなりました。

最も死亡率が低かったのは、最も多くのイソフラボンを取っており、ホルモン受容体が陰性の乳がんを患った、もしくはホルモン治療を受けていない女性でした。

研究による今後の展望

研究によってイソフラボンをたくさん取っている方では全原因での死亡率は減少した、ということがわかりました。

しかしこれは食品中のイソフラボンについての話であり、サプリメントによってイソフラボンを摂取した場合にどうなるかは言えません。

《参照》

・ロイター

大豆の栄養素、健康効果

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》

タンパク質

大豆は畑の牛肉と言われるようにタンパク質が豊富です。タンパク質は筋肉やその他あらゆる体の構成成分となります。

脂肪

不飽和脂肪酸が多く含まれ、動物食品に含まれる飽和脂肪酸と比べると動脈硬化予防効果があり、血管の老化を防ぐことができます。

鉄分

貧血予防効果があります。

ビタミン

ビタミンB、Eなどが豊富で、エネルギー代謝を助けたり、新陳代謝を活発にし疲労を回復させます。

大豆が有効な疾患や症状

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
高タンパク低カロリーのため、ダイエットに向いています。

また、女性ホルモンに似た作用を持っているので、更年期障害の治療や脱毛、薄毛に悩む方にもおすすめですし、食物繊維がふくまれているので、便秘にも効果的です。

大豆を摂取する際の注意点

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
大豆アレルギーのある方は摂取できません。

また、ワーファリン・ワルファリンという血液を固まりにくくする薬を飲まれている方は、納豆に含まれるビタミンKという物質がワーファリンの作用を弱めてしまうため、納豆を食べることはできません。
(※その他の大豆製品は問題なく食べることができます)

乳がんに有効な食材は他にもある?

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
卵やレバーなどに含まれるコリンと呼ばれる栄養素や、乳製品などに含まれるビタミンDが乳がんの予防に効果があると言われており、逆に、アルコールは乳がんのリスクを増やす可能性があります。

しかし、すでに乳がんがある方で、治療効果があると医学的に証明されている食品は現在のところありません。

医師などの間で注目している最新の食材

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
乳酸菌、ローヤルゼリー、マヌカハニーなど、民間療法的に支持されてきた食材が効く仕組み、効果についての研究が今後進んでいくと考えられます。

食事によって疾患が改善される可能性について

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
既にできてしまった病変を食事で変えていくというのは難しいかもしれませんが、予防につながる食事については研究が進んでいくでしょう。

一つの食材についてだけではなく、糖質制限や地中海式食といった、食事の取り方全体についての研究も行われています。

最後に医師から一言

大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》
食事は毎日取るものだけに、一つ一つが大丈夫なのか良くないのか気になるところです。

あまり一つの食材や栄養素を多量に取ろうとするより、様々な食材を偏りなく食べることも大切かもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

《小林麻央さん愛飲》人参ジュースはがんに有効!? がん患者実践のゲルソン療法
【小林麻央さん】乳がん手術後に食事で心がけたい3つのポイント
小林麻央さんが行った食事療法 乳がん予防に効果的な栄養素とは

Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy