ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃんも楽しめる♪子連れで行きたい!東京近郊のお出かけスポット

赤ちゃんも楽しめる♪子連れで行きたい!東京近郊のお出かけスポット 7-01

寒い冬が過ぎ、赤ちゃんと一緒にお出かけが楽しめる季節になりました!そこで今回は、赤ちゃん、子連れのお出かけにおすすめの、東京近郊のNEWスポット&観光スポットをご紹介致します。

気になる新オープンの施設に、子どもたちが思いっきり動き回ることができる公園、動物と触れ合ったり、パパもママも子どもと一緒に楽しめるスポットなど、どこも気になるスポットばかり!ママが気になる授乳室の有無や、ベビーカーの貸し出し、食べ物の持ち込みについて等のデータも合わせて紹介していますので、お出かけ前に是非チェックしてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

スヌーピーミュージアム【東京都港区】

ほっこり展示を見た後は親子でカフェで一休み。

スヌーピーミュージアム 5匹の「ウェルカムスヌーピー」は、1950年から2000年の間に変装や扮装してきた姿を再現スヌーピーミュージアム 現在の姿がコチラ。相棒のウッドストックとスヌーピーミュージアム 第2回企画展「もういちど、はじめましてスヌーピー。」は4月9日までスヌーピーミュージアム ミュージアムショップ「BROWN’S STORE」には500以上の限定グッズがスヌーピーミュージアム 「1950’s EARLY PEANUTS ぬいぐるみ」各3024円スヌーピーミュージアム 貴重な原画や資料がゆったりと展示されているスヌーピーミュージアム オリジナルメニューが並ぶ「Cafe Blanket」。テラス席もあるスヌーピーミュージアム

「フライング・エース-フレンチスタイル-」1530円

(C) Peanuts

設備

◎授乳室あり ◎オムツ替え台あり ◎ロッカーあり

スヌーピーファンの聖地といわれるアメリカ・シュルツ美術館の世界初の分館として2016年4月にオープン!2018年9月までの期間限定で、6カ月ごとに異なる展覧会を実施中。ミュージアムショップには、ここにしかないグッズがずらり。

※展示内容および商品内容は、会期によって異なる スヌーピーミュージアム

電話/03-6328-1960

住所/東京都港区六本木5-6-20

営業時間/10時~20時

定休日/2017年4月9日までなし

料金/日時指定前売券(ローソンチケットにて取扱)一般1800円、大学生1200円、中学・高校生800円、4歳~小学生400円 ※当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合に窓口で販売

アクセス/東京メトロ日比谷線六本木駅より徒歩7分、東京メトロ南北線麻布十番駅より徒歩10分

駐車場/なし

「スヌーピーミュージアム」の詳細はこちら

DADWAY PLAY STUDIO【神奈川県横浜市】

木の温もりあふれる空間に五感を刺激する遊びが!

DADWAY PLAY STUDIO 木育をテーマに、月齢に合わせた五感を刺激してくれる遊具が並ぶベビースタジオDADWAY PLAY STUDIO キッズ&ベビー用品のフロアにあり、買物途中に気軽に立ち寄ることができるDADWAY PLAY STUDIO
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy