ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『エイリアン:コヴェナント』、恐ろしいエイリアンの攻撃を収録した新トレーラーが公開

米20世紀FOXは、リドリー・スコット監督の映画『エイリアン:コヴェナント』のトレードマークとなっている、アシッド(酸)が滴るモンスターによる恐ろしい攻撃映像を収めた新トレーラーを公開した。

新トレーラーは、同作のタイトルとなる宇宙船コヴェナントが、人間の植民地として完璧だと思われる惑星に行き着くという穏やかなシーンで始まる。しかしクルーたちは、小麦が栽培されているのを発見し、何かが違うことに気がつく。

クルーの1人が、「地球から遠く離れたこの場所で、人類の植生を見つける確率はどのくらいだ?」と、問う。

クルーたちは、人類がこの惑星にいたことに気が付く。そして、「楽園への道は地獄から始まる」という同作のキャッチコピーと共に、残酷なエイリアンたちがクルーたちを殺すシーンが続く。

マイケル・ファスベンダー、ノオミ・ラパス、ガイ・ピアースが、映画『プロメテウス』で演じた役を再演し、キャサリン・ウォーターストン、デミアン・ビチル、ビリー・クラダップ、ジェームス・フランコ、ダニー・マクブライドが新たに出演する。

スコット監督が、ジャック・パグレン、マイケル・グリーン、ジョン・ローガンによる脚本をもとに監督を務める。

『エイリアン:コヴェナント』は、2017年5月19日に米劇場公開となる。米FOXは当初、2017年8月に公開を予定していたが、数ヶ月前に3ヶ月前倒しで公開することを決定した。

映画『プロメテウス』は、21世紀の終わりが舞台で、1979年に公開されたスコット監督の映画『エイリアン』の30年前という設定だ。『エイリアン』は全世界で4億330ドルの興行総収入を記録した。宇宙船プロメテウス号に乗り込んだ科学者たちが、人類を一掃できるほどの武器を持つ高度な文明の形跡を発見するストーリーだ。

シガーニー・ウィーヴァーが主演を務めたオリジナル版映画『エイリアン』は、1986年、1992年、1997年に続編が製作された。

最新作のトレーラーは上記より閲覧できる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。