ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

縦位置撮影に便利なシャッターを搭載したコンデジ『PENTAX Optio VS20』発売へ

『PENTAX Optio VS20』ブリリアントホワイト

ペンタックスリコーイメージングは、縦位置撮影専用のシャッターボタン&ズームレバーを搭載したコンパクトデジタルカメラ『PENTAX Optio VS20』を2月16日に発売します。光学20倍ズームレンズで、広角から超望遠、接写まで幅広くカバー。市場想定価格は2万円代後半。

『PENTAX Optio VS20』は、広角28mmから超望遠560mm(35ミリ判換算)相当の光学20倍超高倍率ズームレンズを新たに搭載。被写体に1cmまで接近してマクロ撮影も行えます。また、『インテリジェントズーム機能』を使えば、光学ズーム同等の画質を保持したままで、最大約144倍(約4032mm/35ミリ判換算)相当の超望遠撮影も可能です。

『PENTAX Optio VS20』ノーブルブラック

縦位置でカメラを構えたときに自然な操作ができるよう、グリップ部に縦撮り専用のシャッターボタンとズームレバーを新搭載。画面上の表示も、縦横センターで自動的に切り替わります。縦位置専用の三脚座も装備しました。

『PENTAX Optio VS20』

有効画素数1600万画素の超高精細と最新の画像エンジン、高性能な『smcPENTAXレンズ』、光学式手ブレ補正機能などにより、クリアで高画質な画像を実現。画像をA3サイズまで引き伸ばしても、細部まで鮮明にプリントできます。被写体の状況に的すたモードを自動的に選択してくれる『オートピクチャー』モードを備え、「青空」「夕焼け」など合計15シーンを認識。カメラ任せでキレイな撮影を行います。

あらかじめ登録した人物を優先して検出する『顔登録』機能も新たに搭載。集合写真のなかで主役にしたい人の顔を中心に自動的にピントと露出を合わせてくれます。笑顔を判別して自動的に撮影する『スマイルキャッチ』、目つぶり写真を教えてくれる『まばたき検出』など、人物撮影で失敗しないさまざまな応用機能を備えました。

『PENTAX Optio VS20』液晶モニター

ハイビジョン撮影に匹敵する、1280×720の高画質動画撮影にも対応。3.0型の大画面で約46万ドットの高精細液晶モニターを搭載。画像やメニュー文字をクリアに確認できます。液晶には、画面反射を防止して指紋などの汚れによる視認性低下を抑制するアンチグレアコートを施しています。サイズはW112×H61.5×D38.5mm(突起部除く)、重さ約234g(電池、SDカード含む)。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy