ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【リアルサンカクイベント・ベンチャーDive!】重松大輔・松本洋介・奥田健太・端羽英子がベンチャーの「やりがい・面白さ・夢」を語る

仕事を辞めずに、成長企業の経営に参画できるサービス「サンカク」。9月29日、東京・港区高輪のザ・ランドマークスクエア・トーキョーで、リアルサンカクが体験できるイベント「ベンチャーDive!」が開催された。

ベンチャーDiveは2つの切り口で構成されており、一つは大企業からベンチャーの世界に飛び込んだ4人の経営者によるパネルディスカッション。もう一つがまさに「リアルサンカク」の場ともいえる、企業ブース出展である。

f:id:carraria:20160317170154j:plain

120席すべて満席。立ち見も出たパネルディスカッション

サンカクはあくまで「仕事を辞めずに成長企業の経営に参画する」ため、同イベントの開始時間も19時から。19時15分から始まったパネルディスカッションでは、用意された120席は満席となり、立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。

それもそのはず、パネルディスカッションに登壇したのは、大企業で働いた経験を持つ4人の経営者。一人目はリクルートのナンバーワン営業からトレンダーズCOO、そして2014年4月に日本初のハイキャリア女性に限定した転職マッチングサイトを運営するLiBを創業した松本洋介氏。

f:id:carraria:20160317170157g:plain▲株式会社LiB 代表取締役 松本洋介氏

二人目は三菱商事のリスクマネジメント部でM&A事業などを5年半経験した後、立ち上げ間もなかったRetty(次世代グルメサービスサイト「Retty」の運営)に転職した奥田健太氏。

f:id:carraria:20160317170158g:plain▲株式会社Retty CFO 奥田健太氏

三人目はゴールドマン・サックス証券、日本ロレアルなどを経て、1時間から活用できるスポットコンサルティングサービスを提供するビザスクを起業した端羽英子氏。

f:id:carraria:20160317170159g:plain▲株式会社ビザスク 代表取締役社長 端羽英子氏

そしてモデレータを務めたのがNTT東日本から創業間もないフォトクリエイトに転職し、同社を東証マザーズに上場させた後にスペースマーケット(空きスペースのマッチングサービス)を創業した重松大輔氏だ。

f:id:carraria:20160317170200g:plain▲株式会社スペースマーケット 代表取締役 / CEO 重松大輔氏

大企業とはどう違う!? ベンチャーで働くやりがい、しんどさ

パネルディスカッションは3つのテーマで展開。最初のテーマは「ベンチャーに飛び込んだきっかけ」について。「実家が家業をやっていたことが大きかった」と松本氏。

「商売が身近なものとしてあったんです。自分たちで考えたことを形にし、そこに雇用が生まれて、社員が増えていく。そんな様子を見たり、父がつくったお店でお客さまの様子を見たりしているうちに、いつか自分で信じた仲間たちとこれがいいと思ったモノを広めていく商売をしたいという夢がありました」(松本氏)

f:id:carraria:20160317170203j:plain

奥田氏は「ひと言で言うと動物園みたいな環境が好きだったから」。小さい頃ドイツで住んでいた奥田氏は、ドイツのプロのサッカークラブの下部組織に所属し、真剣にサッカーに打ち込んでいた。その組織には一族郎党の夢を背負ってきているトルコ人やポーランド人の子供もいれば、ドイツの大会社の息子がいるなど、出身もバックグラウンドもバラバラ。共通点は「サッカーで事をなす」こと以外は何もなかったという。

「みんなバラバラで動物園みたいな環境だったんです。そんな中で、ただ一つの夢だけを強烈にシェアできる。そんな環境が好きだった。ベンチャーやスタートアップはその環境に似ている。だから興味を持ちました」(奥田氏)

f:id:carraria:20160317170205j:plain

端羽氏のきっかけは2つあり1つはオフレコだが、ママ友の中に、自然に洋服の輸入販売サイトを運営している人がいたことが大きかった。「こんな風に自然に起業ってできるんだと思った」と端羽氏は明かす。

重松氏の起業のきっかけは、学生時代からいろんなビジネスの世界の人たちを紹介してくれるなどお世話になった方から、「いつ起業するんだ」と言われたことだ。
「当時勤めていたフォトクリエイトは、十数人から100人規模の会社となり、上場も果たして一段落しましたし。次はもう起業するしかないかなと。仕方なく起業したんです(笑)」と重松氏は会場の笑いを誘ったところで、話題は次のテーマ「ベンチャーならではのやりがいとしんどさについて」へ。

まず口火を切ったのが端羽氏。
「失敗したら会社員に戻ればいいやと思っていたので、そんなにしんどさは感じないというのが本音です。ただ、メンバーやお客さまが付いてくると、彼らに対するすごい責任感が出てきます。そして自分の価値が分かるとどんどんゴールが遠くなるんです。永遠終わらないマラソンを走っているような。それがしんどいけどそれが面白いところですね」。

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy