リニューアルが好評な『キリン ファイア』 くまライター・がんばんべあが飲み比べでその秘密を徹底レビュー「Grooveが違うべあ!」[PR]

access_time create folderグルメ

・『エクストリームブレンド』の評価

ganbanbear_fire10

レーダーチャートにしたら、こんな感じ。分析すると、香り×コク=Groove、という公式が成り立っているよう。コーヒー感も、缶コーヒーとは思えないくらいです。

・『キリン ファイア 挽きたて微糖』の評価

ganbanbear_fire11

次は、『キリン ファイア 挽きたて微糖』。こちらは、先ほどの『エクストリームブレンド』と比べると、甘さとまろやかさが少し高く、バランスがいい感じ。すっきりと飲みやすい。マイルドで、リラックスできる味わいです。

・『キリン ファイア ブラック』の評価

ganbanbear_fire12

そして最後は、『キリン ファイア ブラック』。しっかりとした苦味の中に、すっきりとした後味の飲みやすさがあります。食後におススメかも。3種類とも、とにかく素晴らしいのは「味が美味しいこと」だと感じました。単純だけどその表現が一番適しています。深みがあって、美味しい!!

他社の缶コーヒーと比べると?

ganbanbear_fire13 ganbanbear_fire14

ちなみに、『エクストリームブレンド』と他社の缶コーヒー<A><B><C>を、目隠しで参考に試飲させて頂きました。すると……全く違う! はっきりとわかるのは、『エクストリームブレンド』の香ばしさとコーヒー感の圧倒的完成度。

<A>は『エクストリームブレンド』と比べると甘さが強いけど、苦みやコクが少なく、薄くさらっとしている感じ。<B>はさらに薄い印象で、香ばしさが感じられない。<C>は、ほんの少しフルーティーでアロマな感じの後味が残るけど、やっぱり香ばしさが少ない。もう一度『エクストリームブレンド』を飲んでみると、香ばしさ、コク、コーヒー感の差が歴然。はっきり言って驚きです。

普段、いろいろな缶コーヒーを同時に飲み比べることなんてなかったので、違いなんて正直わからなかったけど、こうやって飲み比べてしまうと、まったくの別物。これが、焦がし焼きの力なのか……。もし機会があれば、みんなに飲み比べしてみて欲しいくらい。

Grooveに乗って歌うべあ!

ganbanbear_fire15

こだわりの味を堪能させて頂いたべあ。僕の感想は、はっきり言って、銀色の『キリン ファイア エクストリームブレンド』が、圧倒的にGroovy! 香ばしさもコクも断トツで、美味しい! 仕事のテンションも上がって、新しい曲が! 歌詞が! アイデアがあふれて止まらない! ということで、『キリン ファイア』を飲んで、仕事を頑張る皆様への応援ソングを作ったので、歌うべあ!

ganbanbear_fire16

♪デッデデデーレ デッデッデーデ デッデレデレデレデ♪
がんばんべあ がんばんべあ 
『キリン ファイア』でがんばんべあ♪
がんばんべあ がんばんべあ
男は仕事を がんばんべあ♪

プロフェッショナル魂が 火を吹いて
己の仕事をカンペキに こなしていく
がんばんべあ!

ganbanbear_fire17

「うおおおお! 謝罪メールも! 始末書も! 速攻完成!!」

ganbanbear_fire18

「はい、もしもし! その件は申し訳ございません! 納期が4か月遅れます!!」
「ええ! はい! 発注数も2000カートン間違いました!! 失礼しました!」

ganbanbear_fire19 ganbanbear_fire20 ganbanbear_fire21

踊れ~~!!
失敗も恐れず、どんな仕事も、Groovyにこなすぜ! 燃え尽きろ~~~!!!

ganbanbear_fire22

決まった……。
よく振ってから……お飲みください。

ganbanbear_fire23

こちらの『キリン ファイア』シリーズ。まだ飲んだことがない方に心からおススメする美味しさだべあ。『ファイア』飲んで、今日も一日、がんばんべあ!

FIRE|ソフトドリンク|商品情報|キリン
http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/fire/

提供:キリンビバレッジ株式会社

企画:がんばんべあプロジェクト 取材・執筆・出演:がんばんべあ
記事制作:ガジェット通信編集 タイアップストーリー制作チーム
 編集:宮原俊介(ガジェット通信)
 撮影:wosa / おさだこうじ(ガジェット通信)

前のページ 1 2
access_time create folderグルメ
タイアップストーリー

タイアップストーリー

ニュース記事やレビュー記事とは異なる切り口で製品やサービスを訴求する、ガジェット通信の新しい記事広告プランです。クリエーターの才能や編集部スタッフのキャラクターを活用し、読み物として楽しめるエンターテインメントコンテンツとして記事を制作いたします。

ウェブサイト: http://getnews.jp/ad_pr

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧