ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神道を学ぶ仮面ライダーが日本の聖地の道しるべに! 『賀集利樹の新ニッポン聖地紀行』

120120isejingu.jpg

一般の方が神職に就くためには、専門の大学で学ぶ必要があります。
日本には8万社以上の神社があるのに、神職の資格を得ることができる大学はたったの2校。國學院大學皇學館大學です。
2001年に放送された『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日系列)で主役の津上翔一を演じた俳優・賀集利樹は、伊勢神宮を訪れたことをきっかけに、國學院大學神道文化学部神道文化学科に2009年4月に入学し現在在学中です。
そんな彼が紹介する日本の聖地。
伊勢神宮に感銘を受けてから多くの聖地をまわり、大学入学までした彼が紹介する『賀集利樹の新ニッポン聖地紀行』(武田ランダムハウスジャパン)は、とても重みがある1冊です。
 
この本で紹介されているのは「伊勢」「熊野」「出雲」の3か所。
いずれも1日でまわれるような場所ではない聖地。時間を作って、心を整えて行くべき場所だと、本を読むことで分かってきます。
■伊勢神宮

「『伊勢神宮とは?』という問いかけには、いつも明快に答えることができません。僕の人生に大きな影響を与えた伊勢神宮(正式には神宮)を完全に語ることはまだできないのです。
聖地とは人々が信仰の地として集い、独自の様式を守り祈り続ける場所です。例えば、エルサレムやメッカ、そしてバチカンのように、日本においては伊勢神宮が最高位の聖地であるのは確かでしょう。
宗教に対する意識が薄いといわれる日本人にとって、伊勢神宮がどこまで聖地であるのかは正直、私も明確には答えられないですが、やはり伊勢神宮には一生に1度は訪問してほしいと思ってしまいます」

■熊野

「日本中からこの地を目指して人が集まり、多くの祈りが捧げられてきた霊地、熊野。熊野三山の他にも多くの聖地が数多く存在し、そこでは、数々の伝説を今に伝えている。ここには原始宗教の姿が残っている」

私は熊野に関しては、那智の滝と熊野那智大社しかまだ訪問できていません。この本を読み、1日も早く熊野を訪ねたいと実感しました。
熊野本宮大社、そして大斎原。大斎原は特別な場所だと聞いています。
しかし、神社は呼ばれないと行けない場所。きっといつかその日が来る。そう信じています。

120120izumotaisha.jpg

■出雲

「縁結びというのは男女の縁だけではありません。仕事との縁、家族の絆などありとあらゆる縁や運命を意味しています」

多くの女性が恋愛成就を目的に訪れる出雲大社は、男女の縁だけでないことを伝えたい、そう思っていた私にとっても嬉しい言葉です。
本の内容は、周辺のホテル、温泉、美味しいものなどの情報も満載。
さらに彼が自分の足で回ったという、お勧めの聖地30選も紹介されています。
終わりには、

「グローバル化は単なる外国語習得で完結することではなく、自国の文化、歴史を受け入れ良いところを理解することが本当のグローバル化への1歩ではないかとアジア諸国を旅して実感しました」

と書かれています。
そう、彼が日本の文化を知りたいと思った理由は、世界を見るためだったのです。
日本人として、生きることの意味を改めて考える1冊となりました。
國學院大學皇學館大学賀集利樹の新ニッポン聖地紀行
(伊藤緑)


(マイスピ)記事関連リンク
食べて、祓って、福招く。『福を招く お守り菓子』を片手に旅に出よう
ソーシャルネットワーキングサービスを使い分けて、必要な情報やひらめきを引き寄せよう!
『Chakra(チャクラ)』Vol.16にてヨガ聖者が直伝! ヒマラヤ秘法・1日5分の簡単な瞑想で大切な「呼吸法」とは?

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy