ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは心の声に耳を傾けていますか?衝動の先にあった、ニュージーランドでの生活。―四角大輔

あなたは心の声に耳を傾けていますか?衝動の先にあった、ニュージーランドでの生活。―四角大輔あなたは心の声に耳を傾けていますか?衝動の先にあった、ニュージーランドでの生活。―四角大輔四角大輔/Daisuke Yosumi

アーティストインキュベーター|執筆家

オルタナティブな生き方を求め、ニュージーランドの湖で水と食料を自給する森の生活者。大自然(NZ)と都市空間(TOKYO)を往来し、独自のクリエイティブ&オーガニック論を発信。アウトドア、NPO、アンバサダー、IT等の分野でも活動。『朝日新聞』、エコ誌『ソトコト』、登山誌『PEAKS』、アウトドア誌『Field Life』、復興支援誌『カガリビ』で連載。上智大非常勤講師を務め、多数の大学で「ライフスタイルデザイン」の講義を行う。オンラインサロン「Life is Art」主催。著書に「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」他。レコード会社プロデューサー時代に7度のミリオンヒットを記録。 公式HP:4dsk.co

001.
フライフィッシング―僕のライフスタイルをデザインする上で欠かせないもの

四角大輔

ニュージーランドの原生林に囲まれた湖畔の自宅で仕事をする四角さん(Photo / Daisuke Yosumi)

athlete_head_q

四角さんは現在、ニュージーランドに住んでいますが、それまでは日本でどんな生活を送ってきたんですか?

a2

まず、僕には人生のプライオリティがあります。

トップが、ライフスタイルを自分の手で自由にデザインすること。その次が、世の中をいい方向に変えることです。

そして、僕のライフスタイルの中心には、常に「フライフィッシング」がありました。自分で創作した毛針(餌に見せかけたもの)を使う釣りで、非常にマニアックな上に、とても難しくて、最もクリエイティブなスポーツで、僕のライフワークです。

学生時代、肉体労働などのアルバイトを頑張って30万円貯めて、ぼろぼろのワンボックスカーを購入しました。それを1ヶ月かけてキャンピングカーに改造して、あまり学校に行かず、日本中を駆け巡ってフライフィッシングばかりしていました(笑)。「アイランド・ホッピング」ならぬ、「レイク・ホッピング」と称して、湖から湖へと旅するんです。

社会人としては、15年間のレコード会社勤務の最初の2年間は営業でした。最初の配属先は、僕の希望で札幌。もちろん目的は釣り(笑)。北海道にはフライフィッシングができる場所がたくさんあって、特に、札幌近郊にある支笏湖に通いたかったんです。釧路や帯広も担当していて、出張時にも必ず釣り竿を持参しました(笑)。

その後、東京本社勤務でアシスタントプロデューサーとなりますが、本栖湖という関東近郊で一番きれいな湖に通いたくて、通勤と両立できる調布ICの近くに住みました。家から車で1時間ほどなので、3年ほど本栖湖に通いつめた後、次は芦ノ湖を極めたくて、そこまで1時間で行ける用賀IC近くに引っ越して…(笑)。

僕は、プロデューサーとしての実績があるから、仕事でのキャリアのことばかり取り上げられるんですけど、元々プロデューサーを目指していたわけじゃないんです。この話は長くなるので、ここでは割愛しますが…(このストーリーは著書に詳しく書かれています)。

実は、ぼくは常に「ライフスタイル」を最優先して生きてきたんです。「どうすれば健全な身体と心をキープできるか」、「理想のライフスタイルを構築できるか」を追求しているうちに、自然と仕事で成果が出るようになりました。

002.
インターネットを駆使して世界を移動しながら仕事をする、ノマドライフ

daisuke

ニュージーランドの湖でフライフィッシングをする四角さん(Photo / Shotaro Kato)

athlete_head_q

フライフィッシング中心のライフスタイルを本当に追求されてきたんですね。では、そこからニュージーランドへ移住された経緯について伺わせて下さい。

a2

僕は、カフェで仕事をするワークスタイルの、いわゆる「ノマドワーカー」とは違う、という点を先に伝えておきます。ぼくが営む「ノマドライフ」は、ワークスタイルではなく、あくまで「ライフスタイル」なのです。

ニュージーランドでの湖畔暮らしは、学生時代からの夢で、「どうやったら釣り場で暮らしながら、仕事をできるのだろう」とニュージーランドに移住するまでの15年間、とにかく考えつづけました。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。